本日 100 人 - 昨日 132 人 - 累計 99637 人

手遅れにならないために

中学生頃になると
少し現実的に
将来自分のなりたい姿を
思い描くことがあると思います。

演奏をし続けたい
音楽の道を志したい。

そんなことを伝えてくれる
生徒さんもいます。
とっても嬉しいことです絵文字

ただ、中学生で音楽の道理
(ソルフェージュ的な知識・教養・耳)
がわかっていないと
プロになるには手遅れ

と以前、著名な先生が
厳しい言葉を仰っていました絵文字

中学生ではもう自立した音楽表現の
考え方や考察が
できていなければならない。
そのように育っている必要がある。

ということなのですね。
厳しいですが、現実です絵文字

幼い頃からの積み重ねで
自然に身に付くのが理想ですが
(その方が精神的にも無理がなく
楽しめます)

全員がそのような理想的な環境に
いるわけではありません。

ある程度大きくなってしまってからは
本当に根気強く伝え続ける必要が
あります。

まさに今、根気強く伝えている
生徒さんのレッスンは
かなり厳しいかと思いますが絵文字
よく付いてきてくれています。

彼女の姿勢に覚悟が見られ
少しずつですが変化が。

恩師と共に今後とても楽しみにしている
生徒さんの一人です絵文字

可能性を捨てず、諦めずに学び続ければ
いつか大きく花開くことと思います絵文字

コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):