本日 8 人 - 昨日 59 人 - 累計 59760 人

魔法の譜読み術!

2018年08月13日
<アメーバブログはこちら♪>

確実な譜読み
当たり前に出来た人にとっては、
なんでもないことのように感じますが

苦手な方は本当に多いのだと
レッスンする立場になって
気付かされました。

そのため、苦手な方が
魔法のようにスラスラと
読めるようになる方法を、何年も模索し

ようやく、どんな方でも
すぐに身につく読譜方法に
辿りつきました!

音域は真ん中のドから
2オクターブ下のド
2オクターブ上のド
それ以上と、広い音域まで。

それに♯、♭、細かいアーティキュレーション
ペダル操作
も同時に吸収してもらいます。

大人の方ならピアノを始めて
1ヶ月~2ヶ月

3才~の幼児さんは
半年~1年

小学生になると
3ヶ月~半年ほどです。
(もちろん個人差はあります)

牛田はとても悲しいことに
転勤される方が多く・・
せっかくの出会い、
せっかくのピアノレッスンの期間を
読譜に終えるようではいけない!

スタートして1年で
ブルクミュラーレベルまで

(表現・表情もつけて)

と心に決めたのが、きっかけです。

そうすると途中で止むを得ず
中断したとしても、好きな曲を
自力で弾くことができますし、
弾く喜びを味わうこともできます。

良い基礎(美しい弾き方、正しい譜面の読み方)
がしっかりしていれば、どこへいっても
スムーズに継続することができます。

せっかくピアノを始めたのなら
素敵に弾ける喜び表現できる喜び
早く味わってほしいと思っています^^

<アメーバブログはこちら>

この度の大雨災害で被災された皆様に、
心よりお見舞いを申し上げます。

6日~7日にかけて、酷い雨でした。
教室は全て休講。

幸い教室は何事もありませんでしたが
危険区域に指定されている実家では
とても近い所で
土砂崩れが起きてしまいました。

また、口田、馬木、呉、福山、岡山など
遠方の生徒さんも断水や浸水、孤立等、
被害を受けられています。

中には、ピアノの部屋まで
土砂が流れ込み
大変な状態になっている方も。

なかなか連絡が取れない方もおり
毎日とても心配していました。


今日、やっと全員の方と
連絡が取れ、皆様の無事が
確認できました。

とても他人事とは思えません。

復旧までにどれほどの時間がかかるかも、
わかりません。
とても心が痛みます。

こんなときに自分に出来ること・・
日々レッスンに通ってくれる生徒達に、
精一杯レッスンすること。

目の前のこと、今出来ることに
精一杯の努力をすること。

そんなことしかできません。

今週はボランティアに参加します。

行方不明の方々が一日も早く
ご家族の元に戻られることを
お祈り申し上げます。

成長

2018年06月30日
<アメーバブログはこちら♪>

6月中旬からは体調を崩し、熱が出たり
夜中に点滴を打ったり
咳のしすぎで声が出なくなるなど・・

散々な状態でした(;_;)

特に幼児さんのレッスンでは
一緒に歌うことが多いので
変な声でごめんね、と
謝りながらのレッスンでした。

原因はなんと喘息!
なったことがないのでびっくりです。

そんな中、今月は小学生~大人の方まで
コンクールに参加しましたので
ホールでリハーサルをしたり
できる限り、会場へ足を運びました。

初参加の方がほとんどでしたが、
それぞれの成長、
またキラリと光る素敵な演奏を
聴けて感動しました^^

コンクール後は先生からの
メッセージカードをプレゼント。

20180616_231717_HDR~2

今回は5名が参加、4名が賞を
頂きました。

大人の方は県外のコンクールで
1位通過しました!
と嬉しい報告も。

結果がしっかり出た方も
そうでなかった方も
それぞれに目標がありましたので

達成できたことを褒め、
さらに新たな目標を掲げ
成長してくれるといいな思い
渡しています^^

出場したら終わり、結果が出たら終わり
では、きっと意味がないですね><

結果も時と場合によって
随分と変わるものです。

特に低学年ではまだ音も弱く
目立ちはしなかったけれど
本当に素敵な演奏をしてくれた
生徒さんがいて
思わずウルウルとしてしまいました。

審査員でもある恩師の先生からも

音の大きさや目立つ演奏ではなく
小さいうちは特に
無理のない自然な弾き方を
体得させることが一番大切。

そのまま自然に伸びていく。

というアドバイスも頂き、
私自身も実りの多い経験となりました^^

昨年、お引越しのため
泣く泣くお別れした生徒さんからも

演奏の報告やがんばっていますと
連絡を頂きました(*^_^*)

image1

それぞれの成長が本当に楽しみです!

私も今後はなるべくお休みの日を作って
万全の体調でレッスンできるよう
気をつけたいと思います^^

続々と

2018年05月31日
<アメーバブログはこちら♪>

hana

見事な芍薬の花を見つけたので
飾ってみました^^

華やかで、癒されます。

さあ、レッスンでは続々と生徒さんたちの
レポートが届いています。

seito

よく調べてくるなあと、こちらが勉強になるほど!

そして、とてもわかりやすくまとめられている!!
すごい能力だと思います。

個人的には、小学2年生の男の子
(トルコ行進曲が宿題)の描いたモーツァルトが
個性的で、面白かったです。

ピアノの演奏は
最終的には自己の表現をすることが大事

自分の音楽に責任をもって
どうしてこのように演奏するのか
自分の言葉でも説明できるように

というのは、よく言われることです。
特に海外ではその傾向が強いようです。

先生に言われたから、
お母さんに言われたから。

こんな受身の考えで
素敵な演奏ができるでしょうか?

きっと無気力で味気ない、つまらない演奏に
なってしまうと思います。

自分で何かを調べて、自分の言葉で
まとめてみる。

見る人がわかりやすいように。

そんな習慣が、演奏する姿勢にも
繋がっていくと思います♪

<アメーバブログはこちら♪>

20180412_130241_HDR~3

今週は広島交響楽団の入団試験があり、
とても慌ただしく過ごしていました。

無事、すべての伴奏が終わり、ホッと一息。
楽しく務めさせて頂きました^^

次は、夏にある大阪フィルハーモニー交響楽団
伴奏ピアニストに向けて!
楽しみです。

何人もの人が同じ曲を演奏し、評価される。
コンクールの様な雰囲気です。

安心して演奏して頂けるよう
サポートを頑張りたいと思います。


さて、今日はコンクールのお話です

今はたくさんのコンクールが身近にあり
生徒たちを、どんなコンクールに挑戦させたらいいか
迷うほどですね。


一番は、1人1人のこれからの成長を考えた
選び方が大事かなと思います。


本当にそれぞれの持ち味や
今後身につけてほしいことが
違うので、、


そして、不必要に傷付いたり
伸び始めた芽を摘むものであっても
ならないと思うので・・

手帳とコンクール要項とを
毎日毎日、にらめっこしながら(^_^;)

じっくり考えてお話しています。


結果に左右されない
そしてコンクールに振り回されない
目標設定ができると、素敵だなと思います^^


コンクールを上手く活用することで
より良い成長が期待できると思います。

レッスン風景

2018年01月24日
<アメーバブログはこちら♪>

20180122_163431 20180122_163437

20180122_163449


今日は久しぶりに、レッスン風景の
様子をアップしたいと思います。


小学1年生のAちゃん。
ピアノを始めてもうすぐ2年になります。

ブルクミュラーの「アヴェ・マリア」を練習中です。

すぐに譜読みが出来てしまったので

ブルクミュラーの作品は
物語を作ったり、イメージをたくさん
持って弾きたいね。


写真を貼ってきても良いよ♪
と伝えると

すぐに素敵な写真と物語を考えてきてくれました。
Aちゃんワールド炸裂です!

発表会では「エリーゼのために」を
なんと原曲での演奏にチャレンジし、、

弾くのも大変な曲ですが
これにも素敵な物語を考え、
情感豊かに演奏してくれました。

こうして、ひとつひとつの作品を
自分なりに考え、感じ、
イメージし、表現していけると
素敵だなぁと思います。

それに、とても楽しいですね。

導入期にしっかりと指作りや読譜力を養い
スムーズに楽しい表現の世界に
入れるよう、引き続きサポートしていきたいと
思います♪

9月になりました

2017年09月25日
<アメーバブログはこちら>

1504768583041
あっという間に9月になり、
肌寒い日が続いていますね。
風邪気味の生徒さんもチラホラ・・

8月はお盆明けに、体調を崩し、
検査をしたりと
私も夏の疲れが出たようです。

自分の体を知るとは大切なことのような怖いような・・
あまり無理しないよう、
お仕事できたらと思っています。

その間に教室では、お引越しや、お母様の病気で
泣く泣くお別れとなった生徒さんも。

ピアノ歴1年でコンクール全国大会に出場するほど
力をつけたMちゃん。
いつもとても楽しいレッスンで、
笑顔の絶えない時間でした。

1504770007868 owakare

Mちゃんと最後のレッスン日の朝は涙が流れました。
Mちゃんがお別れに選んでくれた「わすれな草」の置物。
「私を忘れないで」が花言葉なのだとか。

忘れるはずありません!(;_;)

とても寂しいですが、音楽を通してきっと、
いつかどこかで会えるような気がしています。
それまで私も元気で、音楽を続けていたいです。
さぁ、今度は再来月の発表会に向けて
がんばりますよ~!

hana

先生に指導者賞のお祝いがありました^^
励みになります、ありがとうございます。

ありがとう

2017年08月11日
ピティナコンペ本選、終わりましたね。
教室からは初めての参加で、予選通過を目標にがんばった生徒さん。

2度目の挑戦で、全国を目指した生徒さん。
みんなよく頑張ってくれました。

全国通過ラインと同点で逃した生徒さん。
そんなことってあるんですね。。

本当に本当に、悔しいね、とお話しました(;_;)

一度目は緊張で失敗してしまったけど
そこから気持ちを立て直して、一気に点数を伸ばしました。

細かいことはもう気にせずに、
のびのびと楽しんできてね

と送り出しました。

その精神力とめげない心に、
こちらの方が励まされました。
本当によく、がんばりました。

この度、ピティナより、新人指導者賞を頂けるそうで、表彰式にも参加を、とお話がありました。

ですが、涙を流した生徒のことを思うと
そんな気持ちに、とてもなれません。。

私も学びの多い夏でした。

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

ホっとした途端、体調を崩し、発熱・・

明日のレッスン後はお盆休みなので、
少しゆっくりとして
また、がんばりたいと思います!

嬉しい訪問

2017年03月09日
<アメーバブログはこちら>

1488885903471

先日、大学受験のため
レッスンを半年ほどお休みされていた、
高校生の生徒さんが
無事、第一志望の大阪大学に合格されたそうで

可愛いお土産を持って、
わざわざ教室を訪ねてくれました。

大学に入っても、サークル等でピアノを続けて
もっと音楽の勉強もしたい!

と音楽に対する気持ちがとても熱い
素敵な生徒さんです^^

夏休みなどで帰省している時には
また、レッスンを受けに来てくれるそうです。

どんな時も、心に音楽を持ち続ける気持ちは
とても素敵なことですし、幸せなことだと思います。

そんな生徒さんがたくさん、育っていきますように♪

春の香り

2017年02月10日
<アメーバブログはこちら♪>

1486728590453 1486728720436


まだまだ寒い日が続きますが、
教室には一足早く、春の香りが。
かわいいチューリップのお花が届きました。

ピアノの上にも置いています。
最近はピアノを花壇に例えて、
綺麗なお花を咲かせようね~、
と子供達に伝えています。

そして、玄関先には、消毒液!

教室に到着したら、まず手をシュッシュっと、
洗ってもらいます。
風邪ひきさん、減ったような気がします。
私もまだ、風邪をひいていません!

ピアノの鍵盤は、たくさんの生徒さんが触れる場所。
皆で思いやりをもって、気をつけたいですね。

<アメーバブログはこちら♪>

1486208609907 1486208635640


生徒さん用の、新しい絵本が届きました。

「ぼくとオーケストラ」

生徒さんに色々な楽器のお話をする時に、
活躍しそうです。

楽器1つ1つが綺麗に描かれています。
最後のページには楽器の名前もきちんと書いてあって
小さなお子様でも、わかりやすいです。

ピアノ以外の楽器にも興味を向けて、音楽の世界を
広げていってほしいなと思います^^

<アメーバブログはこちら>

最近、どうしたら子供達の「感じる心」
を育てることができるだろう?と考えていました。

そうすると偶然、
昨夜のEテレの番組でN響コンサートマスターの篠崎史紀さんと
指揮者の広上淳一さんの対談があり、
とても興味深く見ていました。

その中に、子供達に教えるのは

・「好奇心」「妄想力」

・良い所をたくさん伸ばすことで
短所もパーソナリティになる

というお話がありました。

感じる心とは、感動する心。
妄想力とは、想像する力、夢見る力。

感動して、ここは「こう表現したい!」と
強く思うから技術が磨かれる。

そんな心作りが、
導入期のレッスンから大切だと
改めて感じました。

そんな想いもあり、キッズペダルを購入しました!
3歳さんからペダルを使うことで、
音の美しい響きや、
広がる世界を感じてほしいなと思います。

一人一人が持つ種を丁寧に育てて
心のパワーのある生徒さんを
たくさん育てていきたいです^^

「曲」という宝物

2016年08月29日
<アメーバブログはこちら>

1472460115342

朝夕、少しずつ涼しくなってきましたね。

さて教室では新しい楽譜が大量に!増えました。
コンクールの課題曲から生徒さんが喜ぶかな、
という曲まで
色々と揃えてみました。

曲との出会いはとっても大切で
「この曲素敵!弾いてみたいな」
そんな曲とたくさん出会うことで、
練習のやる気もアップしますし、

ワクワク楽しい気持ちを
持ち続けることができると思います。

特に自由曲を選んでもらう際、
何曲か私が演奏すると
必ず一つは好みの曲に出会うようで

特に幼児さんは、「絶対これがいい!弾く!」
と興奮気味でリアクションしてくれます(*^_^*)

そのために、
基礎的な力(読譜力・テクニック・良い耳)は
導入期からコツコツと準備しておきたいですね。

先日のコンクールでは、最優秀賞を頂きました!
と嬉しい報告がありました。

素敵な曲との出会いで、
大きく飛躍してくれたのではないかと思います。

作品は、一生では弾ききれないほど
たくさんあります。
だからこそ「大好きな1曲」との出会いは、
宝物になります。

もし素敵な作品を見つけたら
「先生!こんなの弾いてみたい!」
と教えてくださいね♪

2016年08月16日
<アメーバブログはこちら>
1471318236721

あっという間に8月も半ばとなりました。
今年の私のお盆休みは13、14日でした。

大好きな海へ行って、泳いで、
お墓参りをして。
リフレッシュしてきました。

夏休みの間は、体験レッスンが多く
新しい生徒さんたちと出会えることを
嬉しく思っています。

そして夏といえば、ピティナコンペティション。

今年は3名挑戦し、
本選優秀賞と奨励賞を頂きました。

奨励賞を頂いた男の子は、初めての参加。
体調不良でほとんど練習できなかったにも関わらず
よくここまで頑張ったね、
と思っていました。

ですが、2人とも号泣(>_<)
ほんの0.△△点の差で悔しい思いをした人が
本当にたくさんいることと思います。
そこから謙虚さを学び、
心のあり方を学び磨かれていくのだなあと
思います。
もちろん、先生も共に。


リオ五輪では柔道が過去最多の
メダル獲得となりました。
井上監督は、その結果が出た理由について

それぞれが自ら考え、自立し畳に上がった。
これが結果に繋がった。
そして選手はウォーミングアップ会場の掃除を
自ずと行い、他の選手の応援に率先して参加する。
我々が目指す、最強かつ最高の選手に近づいている。

という言葉を残していました。
鍛錬ももちろんですが、
人としてのあり方を大事にされていた言葉が
とても胸に残りました。

子供達とピアノを通して強く優しく、まっすぐに共に成長していけたらと思っています♪

2016年07月05日
1467698576638

忙しくしており、1ヶ月もの間、
ブログ更新が滞ってしまいました><

その間、自身の試験に無事合格したり
生徒さんの予選通過の知らせに喜んだり、
今年の発表会の日にちが決まり、準備を始めたりと
バタバタしていました。

そして昨日までは3日間、教室を留守にして
関東方面へ出かけていました。

たくさん勉強して帰ってきたので、気持ち新たに、お伝えしていきたいと思います^^

さて、これは移動中に読んでいた本。

1467698593348

練習曲で有名なカール・チェルニーの書いたものを、

ピアニスト、パウル・バドゥラ・スコダが編集した
面白い本でした。

チェルニーは、ベートーヴェンから大変信頼をされ、
評価されていた人物で
彼の作品の多くを、直接指導してもらっていました。

チェルニーがベートーヴェンの甥のレッスンを
任されていた時の手紙には
ベートーヴェンの音楽教育に対する考えが
表れています。

「初めに正しい指使い、拍子を正しく読むこと。
 こうして譜面を間違いなく弾けるようになってから
 音楽の表現法を指導してください。
 
 以上のことができるようになった後で、
 演奏中にもし小さなミスがあったとしても
 通して終わりまで弾かせ、
 最後にミスを指摘してください。
 
 これは音楽家を生み出すこと
 結局的な音楽芸術の目的の一つになるのです。」

このように基本的な段階を踏んで、
音楽作品を仕上げていくことが
最も効率がよく、
芸術としても大切なのだと思います。

またピアノという楽器の変化にも触れていて、
現在の楽器でこそ、ベートーヴェンの理想とする
音楽を表現できるのではないかと思いました^^

教室では最初の段階から、
拍子を数えながら弾くということをしています。

それが出来るようになると、
初見力もリズム感もアップしています。

その後に、揺らしたり、リタルダンドをしたり、
たっぷり強弱をつけたりしていきます。

なるべく早く、表現の練習に移ることが
大切だと思います^^
最初は難しくても、段々器用になっていきます♪

書籍から学ぶことはたくさんあります。
生徒さん用には、マンガを用意しました。
自由に読んでね♪

癒し

2016年04月29日
<アメーバブログはこちら>
kokoro

先日、大学時代の恩師でピアニストの
神谷郁代先生のピアノ演奏が
ラジオで再放送されました。

本当に輝かしい、素晴らしい音色で
心が穏やかになり、癒され、元気になりました。

教室の生徒さんで、小学5年生の頃から
通ってくれている女の子がいます。

とても大人しい感じの彼女ですが
ピアノが大好きなことが伝わってきます。

もう中学生になり、
月2回のレッスンとなりましたが

私のお手本を聴いて心が癒され、
上手に弾けるようになると
勉強や部活へのやる気に繋がる。


そう思ってくれていることがわかり、
とても感激しました。

生徒さん1人1人との出会いは
色々な気付きを与えてくれます。

この場所でのレッスンは明日で最後。

私が学生の時から使っていた、
思い入れのある防音室ともさよならです。
泣きそうになります><

明後日からは、
新しい場所でのレッスンが始まります。

心の目をしっかりと見つめ、
素敵な音楽を奏でてもらえるよう
また新たな気持ちで励んでいきたいと思います。

<アメーバブログはこちら>
1456730713044

今日は教室は一日お休みの日です。

朝から様々な舞台に参加する生徒さんの課題曲や
演奏曲を決めるため
大量の楽譜や音源をひっぱり出して、
1曲1曲選定しています。

参加者が4、5歳の導入期から小学1年~6年生、
高校生、大人の方までと幅広いため
一日時間があっても足りません。。

何月何日に、この曲を弾く!!

と明確に決めると、目的意識が芽生えます。
ただなんとなく練習するよりもやる気もアップし、
練習内容が充実しますね。

今年はステップ参加者が約10名、
コンクールに挑戦する方が数名です。

「ステージに出なさい!コンクールに出なさい!」
なんて強要は絶対にしません。。

本人の、
「やってみたい!もっと上手になりたいから!」
という気持ちを尊重しています。

人前で演奏をすることは、
人前でお話をすることと一緒です。
コンクールであっても発表会であっても、
同じだと思います。

「どんな風に表現しよう?
私はこの曲の、ここが好き!綺麗でしょう?」

そんな風に思って、語りかけることができると
素敵ですね。

舞台経験を通して、
色々な気持ちをいっぱい音につめこんで
心も音もたくさん磨いていってほしいと思います♪

香りと共に

2016年02月04日
lemon

今日からレッスン室に良い香りが広がっています^^

生徒さんのお母様が、アロマの先生で、
いつも親子で良い香りをまとってレッスンに来られていました。

この時期、風邪やインフルエンザで
お休みする生徒さんが多い中、
Rちゃんはとっても元気そう。

マスクに抗菌作用のある精油
含ませているそうです。
質の良い精油には、
免疫や殺菌
の効能もあるんですね。

薬が苦手な私にとっては
香りの世界はとても興味深いです。

早速レッスン室のデュフューザーに、
教えて頂いたレモンの精油を1滴入れ、香らせています^^

レモンの精油には、抗菌、抗ウイルス、空気清浄
の作用があるそうです。

とても心地良い香りで、私自身楽しくなりますし
きっと生徒さんも、リラックスして
ピアノを演奏することができると思います♪

1445865235077 1445433687543
<アメーバブログはこちら>

誰かの心を打つ演奏に導けてこそ、
ピアノ指導をやっていてよかったなと思う
瞬間かもしれません。

教室ではコンクールを強要したりはしていません。

出たい!という気持ちをお持ちの方や、
向いているかも
と思う方にはお声をかけますが、
強制はしていません。

出るからにはもちろん、賞がとれるように
努力をしますが
精神的に成長して、自分に厳しく、優しい心を持ち、
素敵な演奏ができることを大切にします。

先日教室からコンクールに参加した生徒さんは
とても良い演奏をしてくれました。結果も高得点!
本選に向けて課題はありますが、精神的な成長を見ることができました。

コンクールに出るから凄い、出ないから良くない
というのは全くないですし

出たい、出たくない
向いている、向いていない というのもあります。

どちらも素敵だと思います。

コンクールに挑戦することで
輝くチャレンジャーな人
もいれば

ただ誰かに聴いてもらうのが励みになる人

好きな曲を弾いて心が安らいで幸せを感じる人

ただピアノが好きな人

色々あって良いなと思います。
それぞれの素質をよく見て
適切に導いていきたいです。


※写真は、発表会前の生徒さんの楽譜です。
もはや音符ではないです笑
それから、レッスングッズの、積み木。

意外と効果がありますよ!!

秋の香り

2015年10月15日
<アメーバブログはこちら>
1444826005448

あっという間にとても肌寒くなってきました。
道を歩いていると、どこからともなく良い香り。
キンモクセイですね。

今回の秋募集ではまた新しい仲間が増えました。
それぞれ目標をしっかりともっている姿に
刺激を受けます。

今年の私自身の目標は、
色々な先生のお話や講演会を聞きにいくことでした。

どこへ足を運んでもとても勉強になり
少しでも、引き出しが増えるようにと
私なりに吸収させて頂いています。

生徒さんの曲は自分で何度も弾きますし、
分析もします。
高校生にもなると、大曲も多いので
分析と練習はなかなか大変です。

自分でも調べてきてね、と宿題も出します。

芸大受験の生徒さんの指導やコンクール組、
発表会曲の仕上げと。..
プレッシャーもたくさんですが

楽譜から色々なことを読み取って考えて
それぞれの心、カラーで
自分だけの演奏を作ってほしいと思います。

コンクール組のため先月は1回今月は2回、
ホール練習があります。

いつもは狭いレッスン室ですが、
たまに開催するホール練習がとても楽しいですし、
生徒さんたちも身体、耳、感覚が
磨かれていくと良いなと思います^^

<アメーバブログはこちら>uedasensei

学校の音楽の試験のため
メヌエットを練習していた生徒さん。

無事試験が終わり、
先生にとっても褒められたよ!
と嬉しい報告。

他にも、合唱の伴奏オーディションに挑戦した
生徒さん達は
皆、伴奏ピアニストに選ばれたそうです^^

コンクールに挑戦して入賞することも
とても嬉しいことですが

こうしてどこかの場面で
誰かの心に響く演奏をしてもらえることは
とてもとても嬉しいことです。

そして褒められると自信が生まれるので
「あれもやってみよう!」
「これもがんばってみようかな!」

とやる気が出てきますね。

目標が決まったら
「そのために今、何をしなければいけないのか」
一緒に考えます。

コツコツ地道な作業ですが、絶対に出来る!
と信じて、共にがんばりましょう。

それから、今月27日(日)のコンサート
のお知らせです。
オーボエ奏者、上田愛彦先生と
ご一緒させて頂きます。
5月にも美術館とドイツとの交流会で
ご一緒させて頂きました。

今回はちょっとだけ、ピアノソロもあります♪

場所が少し遠いのですが、
響きの良い素敵な場所だそうです。

お時間許しましたら、
小旅行気分で遊びに来てくださいね♪
(詳細は、コンサートページをご覧下さい)

★上田愛彦オーボエコンサート

<先生のページはこちら>

ピアノの音色

2015年07月23日
1437482209552

<アメーバブログはこちら>
雨の日が続いていますね
こんな日はショパンのノクターンを弾きたくなって

楽譜を取り出して何曲かポロロン。
私にとって、とても幸せな時間です。

今日は修学旅行に行っていた生徒さんから
素敵なお土産を頂きました。

グラスの中に咲く花がとても綺麗です。
お花大好きです。

演奏も感覚がいつもよりも開かれていて
良い景色や綺麗なものをたくさん見てきたんだな
と感じました。

旅行はピアノを弾くことと似ていると思います。
知らない世界・見たことのない世界へ
出会わせてくれます。

今彼女が本選のために練習している
ショパンの黒鍵のエチュードは
弾きにくいポイントがたくさんあるしだんだんと
「疲れてくる」
と相談があったのですが

音楽の感じ方やフレーズの分析をすると
とても合理的に軽やかに弾けます。

肘や肩をロックするのも良くないですね。

音が大分磨かれてきたので仕上げまでもう一息です。

応用期の生徒さん
ブルミュラーやツェルニー30番が一人一人
手元に渡っていって
とてもワクワクしています。

ペダルもたくさん踏めるよ~!

基礎期の幼稚園さんは、音符をどんどんと覚えて
両手もがんばってますね。

早くも1冊終わりそうな勢いで!
楽しみに来てくれるのがとても嬉しいです。

ご自宅ではこの時期になるべくたくさんの音楽を
聴かせてあげてほしいなと思います。

好きそうな作曲家やジャンル
(バロック・古典・ワルツ・ノクターン・現代曲)
が見つかったら、その時代の作品をたくさん聴かせてあげてくださいね(*^_^*)

吸収力がすごい時期なので心と耳が
グングン育つそうです。

テニスの錦織圭選手は
家のTVでいつもウィンブルドンの試合が流れていて

それを、じーっと観ながら
ご飯をもくもくと食べていたそうですね。
それもすごい(^_^;)

技術を磨くには
イメージや感覚の引き出しが
たくさん心と身体の中にあること


ピアノも同じだと思います♪

大切なこと

2015年06月23日
コンクールに挑戦中の生徒さん全員が、
入賞、予選通過 など嬉しい報告を頂いています。
入賞の中にも、悔しいお話などもあり
本当にコンクールの大変さを感じる日々です。

親御さんも先生も、一生懸命ですが
一番がんばっているのは、演奏する本人です。
私たちは最高の状態で本番を迎えることができるよう
サポートすることしかできないことが
歯がゆいですね。

そして賞以上に
本当に大切なことは何なのか

それを見失ってはいけないと、いつも思っています。
悔いのないレッスンができるよう
引き続き励んでいきたいと思います^^

嬉しい報告

2015年04月12日
無題
<アメーバブログはこちら♪>

先日、県外の大学へ入学のため
ピアノレッスンを卒業したRちゃんから
嬉しいメールをもらいました。

彼女は保育士を目指していて、
昨年からちょうど1年間レッスンを
させて頂いてました。

大学でピアノ実技の
クラス分けがあったそうなのですが、
課題曲を渡されて、数分間の予見・練習のあと
実際に演奏する

という内容の試験だったそうです。

結果、
「ちゃんと強弱ついてるし音楽的だしいい感じ!
細かいとこは少しあっても言うことないわ!」

て褒められましたと嬉しい報告がありました。

彼女は元々センスがとってもよくて
持っている音がとても綺麗です。
練習は嫌いということで(笑)、レッスンでは

音楽のルール・基礎練習のやり方は最低限おさえ、
あとは、保育士さんは歌いながら弾けることが
大事なので

曲に簡単に伴奏を付ける方法

たくさん練習しました。

歌さえあれば、伴奏が付けられるって
とっても素敵な技術ですよね!
これには和音記号やコードネームを使用しました。

私自身、保育士を目指している生徒さんを教えるのは初めてだったので、
たくさん保育士向けの本を買ってきて

どんな気持ちを持つことが保育士さんにとって
大切なのか
をたくさん勉強しました。

子供達を相手にしますから。
保育士さんが自分勝手に弾いては
困りますよね?

歌を持って音楽を持ってまっすぐに語りかけ
子供達の様子をよく見て、寄り添って。

さらにどんなケースやハプニングにも
臨機応変に対応することが大事だとも思います。

ですので、とにかく演奏技術は
分かりやすく、シンプルに、簡素にしました。
あとは子供達をよ~く見ることのできる目や
心の余裕のため残しておきました。

Rちゃんの様に音楽的に美しい演奏だと
さらに素敵だと思います!
良い耳が育ちそうですね♪
Rちゃん、がんばってね!

1428400527685

レッスンでのソルフェージュの時間に、
リズムの計算や
メトロノームの拍に合わせて
「正しくリズムを刻む!」
という練習をするのですが

そのときに、素敵な楽器
~カスタネット~
を使っています。

メトロノームよりも音が耳にやさしく、
木をたたく良い音がします。

この、心地良い音が
意外と大切だと思っています。
電子音では感じられない音です。

汚く叩けば汚い音がしますし、
美しく叩けば美しい音がします。

ピアノを弾くときに、
その感覚や耳を育てることは大切ですね。

リズムの練習のポイントは、二人で一緒に叩くこと!
細かい音符になってくるととーっても
エキサイティングですよ。

譜例はこちらのブログに詳しく載せています。

リズムを身体で感じる
聴いている人に、わかりやすく演奏する


その基礎を、こうして楽しみながら
身につけていってもらいます♪

1427105007547

<アメーバブログはこちら>

どうしても「コンクールに出る!」
と思うと緊張したり、他の人と比べてしまったり、
失敗したらどうしよう、、
という不安の方が先にたってしまうと思います。

だけど大切なのは、
ひとつひとつの作品をきちんと読み解いていくこと。
純粋な気持ちでたくさん感じて、
たくさん発見すること。

作品を自分なりに大好きになること。
音色に耳を澄ませること。

そのことに一生懸命だと、「緊張や不安」に
打ち勝てると思っています!

先週は2つのセミナーに参加してきました。
赤松林太郎先生のコンペの課題曲セミナーは
特に感動しました。

「上質な音」を出すための声掛けがとても見事で、
おもしろかったです(*^_^*)

上品で質の良い音は、声のかけかた一つで
小さなお子様にも必ずわかります。

「良い声かけ」ができるよう、
励んでいきたいと思います。

2015年03月19日
14267522893291426570059036<アメーバブログはこちら>

教室のお庭のチューリップが満開。
先生の大好きな、春がやってきました。

子供たちも「あ~!チューリップだ!きれい!」と
すぐに気付いてくれました^^

「先生のお家は空気がきれいで嬉しい!
私のお家は排気ガスくさいから・・」
と、気に入ってくれて嬉しいです。

私は曲の表現を説明するときに、お花や香り、味?!などを例えによくしますし
身の回りで自然に感じること、
アナログで感じることを大切にしているので

教室に足を運んだときに、ついでに・・
感性が育つと良いなと思っています。

大人の私では見過ごしてしまうようなことを
子供達は本当によく見、
そして感じていて、
その注意力や個性を演奏にも活かしてもらえるよう
促していきたいですね。

(右の写真:練習ノートに貼ってもらうシールや
スケッチブックを揃えました♪
たくさん貼っていけるといいね!)

初見力をつける

2015年01月27日
<アメーバブログはこちら>

教室では「効率良く力を伸ばしていく」
ことを大切にしていますので、
課題曲選びやテクニックの教材選びには
かなりの時間をかけています。

そして「初見でひく」という所を大事にしています。
なぜ初見力をつけるのか

いくら読譜ドリルをしても
実際にピアノで弾けないと意味がありません

一度、楽譜とピアノが分離する癖がついてしまうと
なかなか楽譜を見て弾くことができなく

そして楽譜がいまにも襲いかかってきそうな
恐怖の対象にもなってしまっているようで。

できないと泣いてしまったり。。。
ほんとは泣く必要なんてないはずです。

そしてそういった場合には
修正に多くの時間がかかってしまいます。

そんな悲しいことが起きる前に
癖がついてしまう前に

楽しく楽譜を読める基礎力を一緒に付けませんか?

ガチガチになった心をほぐして、解いて
本を読むように、ゆっくりと
一緒に楽譜を読んでいきましょう^^

競争はいらない

2015年01月23日
piano


<アメーバブログはこちら>

「早くこの曲を弾きたい!」
「~ちゃんより早くこの教材にいきたい!」

そういった気持ちを
素直にぶつけてくれる生徒さんも、いらっしゃいます。

だけど今しなければいけない段階を飛ばしてまで
難しい曲に挑戦することは良くないと思っています。
「急がば回れ」
一見遠回り、あれ、私遅れてる?
て思っても、それは大事な下積みの期間。

なんでも自身のペースでコツコツいかないと
目標には手が届きませんし、
必ずしわ寄せが来てしまいますね。

例えば理論ばかりわかって
実技が伴っていなかったり
その逆もありますね。

そのバランスの取り方は難しいですが
大事な所です。

そして一番大切なのは
競争することではなく

今の自分なりにわかって演奏できていること
心がこもっていること。


誰より早く難しい曲が弾けることではないです。

焦っている生徒さんには
そのことをレッスンの中でゆったりと
伝えていっています^^

そして変な癖がついてしまう前に
正しく丁寧な基礎練習をしていきましょう♪

コードネーム

2014年10月09日
1412837804989.jpg

小学4年生の女の子はビートルズがとても好き!
ということで、Let it beをコードネームを使ってレッスンすることになりました。教室ではコードネームの基本になっている、英語の階名「CDEFGABC」に普段から慣れ親しんでもらうようにしているので、すんなりとコードに入ることが出来ました^^
そうなんだー!と喜んでくれるAちゃんを見て、とても嬉しくなりました♪

アメーバブログはこちら

choritu.jpg

只今ピアノの治療中です。
凄腕調律士さんにお越し頂いています。

いつも魔法がかかったように、
心地良い音にしてくださいます。

今日はピティナステップに参加した生徒さんが、
全ての方から、最高評価Bravo!!を頂いたと
報告がありました。

きっと心を打つ素敵な演奏をされたのでしょう。
嬉しくなりました♪

アメーバブログはこちら

発表会に出たい!

2014年09月01日
meri-.png

ピアノを習い始めて約半年の、小学5年生Tくん。
発表会には出ないと言っていたのですが、
先日急に「この曲を弾きたい!」と言ってくれました^^

なんと原曲の楽譜で!
(先生大変ですが、嬉しいです)

実はTくんが発表会に出ないと言っていた理由が
なんとなくわかっていました。

思い切って教材を変えたところ、
すぐにこの反応!
「自分に自信を持てる」ことは大切だと
改めて思いました。

発表会への参加は強制ではないのですが、
できることなら参加してほしいと思っています。

やはり人前で演奏する経験を持つこと、
目標を持って取り組むことは
意義のあることだからです


もちろん、いつも好きな曲ばかりをしていると
大切な基礎は身につかないので、
基本の教材・指の体操の教材は欠かしません。

ですので、教材選びがとっても大切になってきます。
今回のTくんのケースでは、
教材がピッタリとはまったようで
とても嬉しかったです。

じっくり検討して良かったなと思います^^
アメーバブログはこちら

kokoro.jpg

先日小学3年生の生徒さんが挑戦する
ピティナコンペの応援に行ってきました。

無事通過することができ、
先生も大喜びです(*^^*)

ピティナコンペは予選通過すら難しい、
とてもレベルの高いコンクールです。

初めての参加なのに、よくがんばりました。

こちらの生徒さんは、
50分コースでみっちりとレッスンをがんばっています。

これからも気負わず、コンクールさえも楽しんで、
音楽と向き合ってほしいと思います^^

コンクールのための練習じゃなく、
芸術のための練習になるよう
これからも指導がんばります!

レッスン後の変化

2014年05月11日


GWも明けて、みんな少しずつ上達してきました。
お母さんと一緒に来られる生徒さんもいらっしゃいますが、演奏がどんどんと変わっていくのでとても驚いてくださいます。ちょっとしたことで、演奏って変わります^^

練習の仕方や意識の仕方、できるまで何度も工夫して指導しています。
それをストレスと感じず、笑いながら楽しく演奏してくれると、とても嬉しいです。心が楽しいと、演奏もワクワクドキドキ、楽しい音楽になりますよ♪