本日 16 人 - 昨日 92 人 - 累計 95222 人

学び

2019年06月03日
先日、ピティナステップに参加した
中学生の生徒さんが
お手紙をもらっていました絵文字
DSC_0046 (2)
いつからこのような制度ができたのか
知らないのですが
同じ会場で聴いてくださった誰かから
素敵なメッセージをもらえるなんて
嬉しいことです絵文字

そして先週は奏法のお勉強と仕事も兼ねて
主人と関西方面へ出掛けていました。

久しぶりの京都では
八坂神社近辺をうろうろ。
短い時間でしたが
有名なお寿司を食べ、
建仁寺の龍も見ることができて
大満足です。

IMG_1180IMG_1183IMG_1211

奏法のお勉強では、具体的なタッチについて
深く学ぶことが出来ました。

音色は本当に奥が深く、可能性に溢れている!

生徒たちに具体的に伝えるには、
指導者が具体的な言葉で
わかりやすく伝える必要があると思います。

そのためにも、続けて学びたいと思います絵文字

音感受

2019年05月24日
DSC_0046 (1)

今、とある資料を書くために
色々な情報に目を通していますが

導入期の資料として

子どもの音感受の世界
~心の耳を育む音感受教育による
保育内容「表現」の探求~


という本に惹かれ、早速
購入してみました。

一見すると保育園向けの
本ではあるけれど

幼い時期の音楽教育に
携わる者として
大切なことが網羅してあり

子供たちの充実した健やかな成長と
ピアノ演奏に繋がり得る
素敵な内容でした。

大切なのは愛情ある「歌」と、
「環境」と楽しい「音」との出会い、

音楽が騒音にならない為の
こちら側の工夫。

「ピアノ教室」という狭い空間では
できることに限界があるとは
思いますが、少しでもこのエッセンスを
取り入れて健やかな音楽教育に
繋げていければと思います絵文字


ここのところ、ポッと空き枠ができると
パッと、どこからともなく連絡が入り
ジャストの時間で枠がうまったり

そんなことが多く、
縁の不思議を感じています。

来週は仕事も兼ねて
京都へ出掛けます。
京都も何かと縁のある場所。

小旅行気分で楽しんできます絵文字

フランス音楽

2019年05月13日
昨日は急遽、
浦壁信二先生のフランスピアノ作品講座へ
足を運びました。

「フランス音楽をもっと深く知りたい」
と思っていた矢先の講座でしたので
すごくタイムリーでした絵文字

意外とフランスに特化したお話というのは
少なくて(京都フランスアカデミーくらい?)
貴重な機会でした。

フランス音楽は、
他とは一線を画しているという印象が
あります。

お話を聞くと
なるほど、フランス人としてのアイデンティティや
こだわり・誇りが
作品すべてに共通して表れていました。

フランスの古典(時代はバロック)とされる
クープラン、ラモーから始まり
フランス革命という大きな出来事を迎えた
後の時代へ・・

サンサーンス、シャブリエ、フランク、ショパン
フォーレ、ラヴェル、ドビュッシー
そしてメシアン、ブーレーズの現代音楽までと
濃厚なプログラムで大満足!

長時間に及びましたが
素晴らしい演奏と共に語られるお話は
時が経つのを忘れてしまうほど。

特に20世紀~21世紀への橋渡しとなる
ブーレーズは、難解で、ぎょ?!
と感じますが

これが不思議とずっと聴いていると
(曲がすごく長い)
感じるものがあります。

20世紀、21世紀の世界の喧騒
現代の宇宙の響き、リズム

そんなものを感じました。
曲の長さがないと、それを感じられないと思うので
きっとその長さがベストだったのだろうと
個人的な想いを馳せてみたり。

では22世紀に向かっては
宇宙は一体どのような響きになるのか?
と、現代作曲家に興味が湧いたり。

次はロシアものに足を運びたい・・

試験結果

2019年05月11日
先日、県外へ出向き試験を受けていました。

結婚をして、すごく忙しくなるかと思いきや
主人の協力のお陰もあり、集中できる時間が増え

これを機に試験でも受けてみよう!
と思い立ち、初めての指導実技試験を
受けてみました。

試験は、会場で初めて出会う生徒さんに
限られた時間で指導を行い
それが評価されるというもの。
(小学12年~中高生まで)

結果は、受けた級すべてで最高点を頂いており
とても驚きました絵文字

指導の大先輩の先生方からの
温かいアドバイスや、かけて頂いた言葉は
客観的な判断となり
とても勉強になりましたし
自信にもなりました。

上級の生徒さんがお得意では?
というアドバイスもあり、

教室では今はまだ少ない上級の年代を
増やすべく、工夫していきたいと感じました。

それにしても、
GW中も仕事や勉強でバタバタとしていて
遂に胃腸炎になってしまい
看病までお願いしてしまった主人には

頭が上がりません・・・
彼も相当忙しいのですが・・・

感謝してがんばります絵文字

時間を大切に

2019年01月26日
<アメーバブログはこちら♪>

tokei

年が明けて、教室では発表会に向けて
準備を進めています。

今回が5回目の発表会ととなりますが
第1回目から出演してくれている生徒たちが

もう小学校を卒業するような年齢に!

成長の速さに驚くと共に
なんだか切ないような・・
不思議な気持ちになります。

本当に時が経つのは速いです。

時間は平等に与えられているからこそ
一瞬も無駄にできない。

子供たちの成長を見ながら、
そんなことを強く思う毎日です。

与えられた時間を大切に。
ひとつひとつのレッスンを大切に。

昨日も一人、素敵なアップライトピアノが
お家に届いたと連絡がありました

電子ピアノと違い、ピアノの方から
美しい響きが発せられるので
変な力を入れる必要がなく、感動しています!

と、嬉しい報告でした。

ピアノの練習がより充実し、
余分な力が抜けて素敵な時間と
なっていくと思います。

私も、少しの時間があれば
大量の本や資料を読み、勉強を。

1つのテーマでも、掘り下げていけば
あらゆる角度から学ぶことができます。

時間を大切に・・
丁寧に使っていきたいと思います♪

先生も学びます

2018年09月27日
<アメーバブログはこちら♪>

20180920_110609

先生も、学びを続けます。

先日は西尾洋先生の
「和声法」の勉強会へ足を運びました。

和声法とは、音の響きの流れを学ぶこと。
作曲者の想いを汲み取るために
必要な学びです。

和声法って指導するのが難しい分野だけれど
知っている響きでないと
「わかった」という感覚は
得られないという言葉が心に残りました。

西尾先生によると、
理論の前に、耳の感覚や手の感覚
自然に身につけるのが一番とのこと。

スタートはなるべくシンプルなもので。

先生は幼い頃
コラール(ドイツ・プロテスタント教会の讃美歌)
をたくさん聴き、弾かれたそう。

コラール作品は、ほとんどが4声体
(女声2男声2)で書かれており

その響きはなんとも美しいものです。
 
レッスンの課題として、コラールも素敵だなあと
思いました。良い教材を活用して

より良い耳と感じる心を
育てていきたいなと思います^^


GWの思い出

2018年05月05日
<アメーバブログはこちら♪>

20180505_143813~2
GWは3連休でしたので、
コンサートへ出掛けたり
県外から帰ってきた友人に会うことが
出来ました。

ピアノコンチェルトのコンサートは、
横山幸雄先生の圧巻の集中力と演奏で、
大いに盛り上がり、
素晴らしい時間となりました。

生徒さん達も、喜んでいる様子でした。
それぞれに得るものがあったと思います。

終演後の懇親会は、とても楽しく
恩師であり、この度のコンサートの
実行委員長である濱本先生との
初めての2ショット!
そして横山先生との3ショットで

ドキドキしましたが
心に残る、本当に幸せな思い出となりました。

concert

撮ってくださったNさん、ありがとうございます。
(掲載の許可を頂きました)

明日からまた、仕事モード!
忙しい日々が始まりますが
がんばりたいと思います。

GW中に何人かの子供達に出した宿題は・・

ressun

低学年では、取り組んでいる曲の
イメージや絵を自ら描いたり、
写真を貼ってみること。

高学年では、作曲者や作品について
より深く調べてみること。

私の知らなかったことも
たくさん調べてきますので
私も興味深く、毎回楽しみにしています^^

最近は、自ら作曲したい!という
生徒さんが増えてきたので

心の中にある思いを形にし、
表現する力を伸ばし、育ててあげたい

思っています。

私も幼い頃、作曲がとても好きでした。
表現する喜びや作品を大切にする心は

多くの天才達が残した名曲を
演奏する際の心構え
にも通ずるものが
あると思います(^-^)

<アメーバブログはこちら♪>

いよいよ明日から
新年度のレッスンが始まります。

新しいタイムスケジュール
そして新しいピアノ!

20180401_144605_HDR~2

Shigeru Kawai のピアノです!

以前から大ファンのピアノでしたが
教室に置いてみると

その豊かな音色、繊細な反応に
まるでコンサートホールで
弾いているかのような響きに
驚かされました。

美しい音色です。

あまりに素晴らしいので
グランドを考えられていた生徒さんも
購入されました^^

豊かな音色が身につき
演奏が益々楽しくなると良いな
と思います。

20180401_133922_HDR~2

さて、年度末はお休みでしたので
教室の大掃除をしたり

お花見に出掛けたり、
懐かしい京都へ足を運んだり。

そして

お休みの一番の思い出は
なんといっても、これです!

金子勝子先生のレッスン見学です^^

tokyo

あの、牛田智大さんや
素晴らしいピアニストを
たくさん育てて来られた先生です。


これはピティナの制度のひとつで
(今年は教室全体ではピティナコンペには
参加しないのですが・・)

憧れの先生のレッスンを
間近で見学することができます!

東京の素敵なご自宅での
レッスン風景を堪能でき
私達にもプチレッスンをしてくださり、
感激です。


なんと先生もシゲルカワイを
お持ちでした。

お揃い・・嬉しいです。

そして記念に、写真撮影と
金子スタンプを
押して帰りました。
お守りになりそう(*^_^*)

FB_IMG_1522568118428~2

20180401_144637

春は出会いと別れの季節。

今年は2名の生徒さんがお引越し(;_;)
寂しくなりますね。

県外の大学へ進学した生徒さん、
ピアノが大好きで
お家にピアノを置いたのだとか^^

1522561656285

卒業のお祝いも込めて
プレゼントした時計を
早速飾ってくれたみたいです(*^_^*)

音楽と共に、豊かな大学生活に
なりますように。

またいつでも、遊びに来てね。


新年度は、新しい生徒さんを少し迎え、
レッスン枠は定員いっぱいとなりました。

入会できなかった方は、
本当に申し訳ありませんでした。。

これに懲りず、またHPを
チェックしてみてくださいね。


新年度も新たな気持ちで
生徒さんと共に、がんばっていきたいと思います!

全国4位?!

2017年06月10日
<アメーバブログはこちら>

1497087995320

出張先から戻ってくると、
ピティナの試験結果が送付されていました。


なんと198人中全国4位ということで・・
びっくりしました(゚o゚;;

特に直前は忙しくて
何も準備できずでしたが・・

1年の学びが少しでも活かされていたのかな?
嬉しかったです。


さて、今回の出張先では久しぶりに
英語を喋りました(^_^;)
また少し、視野が広がったように思います。

世界は広い!

私自身の感動体験をもっともっと増やして
たくさんアウトプットしていけたらと思います。

素敵なホテルの素敵なラウンジで、
美味しいワインを頂きました^^
幸せです。