本日 5 人 - 昨日 68 人 - 累計 47118 人 サイトマップ

嬉しい報告

2015年04月12日
画像
<アメーバブログはこちら♪>

先日、県外の大学へ入学のため
ピアノレッスンを卒業したRちゃんから
嬉しいメールをもらいました。

彼女は保育士を目指していて、
昨年からちょうど1年間レッスンを
させて頂いてました。

大学でピアノ実技の
クラス分けがあったそうなのですが、
課題曲を渡されて、数分間の予見・練習のあと
実際に演奏する

という内容の試験だったそうです。

結果、
「ちゃんと強弱ついてるし音楽的だしいい感じ!
細かいとこは少しあっても言うことないわ!」

て褒められましたと嬉しい報告がありました。

彼女は元々センスがとってもよくて
持っている音がとても綺麗です。
練習は嫌いということで(笑)、レッスンでは

音楽のルール・基礎練習のやり方は最低限おさえ、
あとは、保育士さんは歌いながら弾けることが
大事なので

曲に簡単に伴奏を付ける方法

たくさん練習しました。

歌さえあれば、伴奏が付けられるって
とっても素敵な技術ですよね!
これには和音記号やコードネームを使用しました。

私自身、保育士を目指している生徒さんを教えるのは初めてだったので、
たくさん保育士向けの本を買ってきて

どんな気持ちを持つことが保育士さんにとって
大切なのか
をたくさん勉強しました。

子供達を相手にしますから。
保育士さんが自分勝手に弾いては
困りますよね?

歌を持って音楽を持ってまっすぐに語りかけ
子供達の様子をよく見て、寄り添って。

さらにどんなケースやハプニングにも
臨機応変に対応することが大事だとも思います。

ですので、とにかく演奏技術は
分かりやすく、シンプルに、簡素にしました。
あとは子供達をよ~く見ることのできる目や
心の余裕のため残しておきました。

Rちゃんの様に音楽的に美しい演奏だと
さらに素敵だと思います!
良い耳が育ちそうですね♪
Rちゃん、がんばってね!

画像

レッスンでのソルフェージュの時間に、
リズムの計算や
メトロノームの拍に合わせて
「正しくリズムを刻む!」
という練習をするのですが

そのときに、素敵な楽器
~カスタネット~
を使っています。

メトロノームよりも音が耳にやさしく、
木をたたく良い音がします。

この、心地良い音が
意外と大切だと思っています。
電子音では感じられない音です。

汚く叩けば汚い音がしますし、
美しく叩けば美しい音がします。

ピアノを弾くときに、
その感覚や耳を育てることは大切ですね。

リズムの練習のポイントは、二人で一緒に叩くこと!
細かい音符になってくるととーっても
エキサイティングですよ。

譜例はこちらのブログに詳しく載せています。

リズムを身体で感じる
聴いている人に、わかりやすく演奏する


その基礎を、こうして楽しみながら
身につけていってもらいます♪