本日 9 人 - 昨日 36 人 - 累計 37792 人 サイトマップ

おめでとう

2016年09月24日
<アメーバブログはこちら>
画像

先日は幼児さん~小学3、4年生、9名が
コンクールに参加しました。

まだ習い始めて1年と経っていないような子達がほとんどで
みんなで初めてのチャレンジでした。

初めてで不安そうなので、私はソワソワと舞台袖で見守っていたのですが
みんなが堂々と一人で舞台へ上がっていく姿を見て
とても頼もしく思いました。

結果発表では
たくさんのミラクルが!

幼児さんが金賞、銀賞
小学1年生の女の子が金賞を頂きました!

何十人もの中の1人になることは本当にすごいことです。
よくがんばりました。

また、優秀賞には年中さんの2名、準優秀賞に2名入賞しました。

惜しくも賞に入れなかった2人は
「とても楽しかったからスッキリ!発表会が楽しみ」
「現実を知った様で、「次からがんばる」とやる気を出している!

など連絡を頂き、それぞれに次の目標を見つけた様子でした。
これもまた嬉しい報告でした。

一方で、入賞したけどトロフィーが欲しくて泣いちゃった幼児さんも(;_;)

結果はどうであれ、一人一人の努力した時間はかけがえのない時間であったと思います。
その頑張りをあたたかく褒めて、今後も見守っていきたいです。
ご家庭での温かいサポートに、改めて感謝しています。

レッスンでは最近、「教え込まない」を大切にしています。

基礎のテクニック(地道な基礎練習)と音楽の方向性だけは
しっかりと教えますが

あとは自由な発想と心で、伸び伸びと演奏してもらえるよう
心がけています。

曲の中の楽しい所、大好きな所を自分で見つけて
ワクワクドキドキしていつも練習できると素敵ですね^^

感じる心を育てること

2016年09月05日
<アメーバブログはこちら>

最近、どうしたら子供達の「感じる心」を育てることができるだろう?と考えていました。

そうすると偶然、昨夜のEテレの番組でN響コンサートマスターの篠崎史紀さんと
指揮者の広上淳一さんの対談があり、とても興味深く見ていました。

その中に、子供達に教えるのは

・「好奇心」「妄想力」

・良い所をたくさん伸ばすことで
短所もパーソナリティになる

というお話がありました。

感じる心とは、感動する心。妄想力とは、想像する力、夢見る力。
感動して、ここは「こう表現したい!」と強く思うから技術が磨かれる。
そんな心作りが、導入期のレッスンから大事だと改めて感じました。

そんな想いもあり、キッズペダルを購入しました!
3歳さんからペダルを使うことで、音の美しい響きや、広がる世界を感じてほしいなと思います。

一人一人が持つ種を丁寧に育てて
心のパワーのある生徒さんをたくさん育てていきたいです^^