本日 71 人 - 昨日 121 人 - 累計 67865 人

先生も学びます

2018年09月27日
<アメーバブログはこちら♪>

20180920_110609

先生も、学びを続けます。

先日は西尾洋先生の
「和声法」の勉強会へ足を運びました。

和声法とは、音の響きの流れを学ぶこと。
作曲者の想いを汲み取るために
必要な学びです。

和声法って指導するのが難しい分野だけれど
知っている響きでないと
「わかった」という感覚は
得られないという言葉が心に残りました。

西尾先生によると、
理論の前に、耳の感覚や手の感覚
自然に身につけるのが一番とのこと。

スタートはなるべくシンプルなもので。

先生は幼い頃
コラール(ドイツ・プロテスタント教会の讃美歌)
をたくさん聴き、弾かれたそう。

コラール作品は、ほとんどが4声体
(女声2男声2)で書かれており

その響きはなんとも美しいものです。
 
レッスンの課題として、コラールも素敵だなあと
思いました。良い教材を活用して

より良い耳と感じる心を
育てていきたいなと思います^^


問いかけ

2018年09月08日
<アメーバブログはこちら♪>


最近、気を付けていること。
「問いかけること」

自分からお話するような
にぎやかな子は、想いを表現するのは
得意だけれど

あまりしゃべらない大人しい生徒さんには
気を遣ってあまり問いかけないように
していました。

ところが、なんと勿体ないことをしていたのだろう!
と気付きました。

「〇〇ちゃんはこの曲、どう思ってる?
どんな風に弾きたい?」

そう問うと、どんな子も
考えをもっていて言葉にして伝えて
くれるのです。

「じゃあ、ここは?
小さくってかいてあるけど、なにかあったのかな?」


すると、ちゃんと理由を考えたり、
ストーリーがあったりします。

「じゃあ、その思いが伝わるように
表現してみよう!」


と伝えると、普段の言葉も音も
消極的な姿から一変し、積極的に!

この「問いかけ」
は1つのチャレンジでしたが

レッスンの時間がもっとハッピーで
楽しくなります。

意表をつくとんでもない答えが
返ってくることもありますが・・

正解はないので、なんでも受け止めます!

50人いたら、50通りのイマジネーションがあります。

いろいろなアイデアやイメージを
教えてほしいです^^

これからも問いかけを、楽しみたいと思います♪

年中さんレッスン

2018年09月01日
<アメーバブログはこちら♪>

20180825_105727_HDR~2

今日は年中さん
Mちゃんのお話です。

Mちゃんは年少さんから
ピアノを始めて、1年と少し経ちました。

1音1音、丁寧なタッチで
綺麗な音を作り

譜面もよく読めるように
なってきたので

今月から、初めての
ペダルにチャレンジ!

綺麗な響きに耳を澄ませて・・

Mちゃんとても、気持ちよさそうです

フォルテ、ピアノも
大きい、小さいではなく

近くで鳴っている
遠くで鳴っている

とイメージしながら取り組むと
楽しいですね^^

Mちゃんはレッスン中
よく動き、よく歌い、よく喋り
とても元気!

音楽も活き活きしています!