本日 126 人 - 昨日 130 人 - 累計 64858 人
<アメーバブログはこちら♪>

omedetou

昨日、グレンツェンコンクールが
行われました。

レッスンのため、聴きに行けず
とても残念でしたが・・・

初参加の小学生数名が出場、
皆、無事に通過し小学4年生のAちゃんが
見事、銅賞を頂きました^^

おめでとう!
曲の雰囲気をよく表現できている!
と講評を頂きましたね。

コンクールに参加することで
意識が変わり
目の色が変わり
おうちでの練習が変わり
レッスンの集中力が変わる
生徒たちをたくさん見てきました。

それぞれに合ったコンクールに
出場させることで

自信とやる気を持たせ
努力するきっかけを与えることができるのは
とても良いことだと思います。

グレンツェンコンクールは
ピアノをスタートして舞台が初めての方や

目標を見失って
日々の練習が億劫になりがちな
生徒さんにお勧めしています。

コンクールがきっかけで
基礎練習もがんばるようになります!

このコンクールは予選本選、全国まで
無理のない課題で長期に渡って次々と
目標を与えてくれるので
良い刺激と、励みになります。

来年はさらにレベルアップして
色々な舞台にチャレンジできると良いですね!

それぞれの成長が楽しみです!

<アメーバブログはこちら♪>

C360_2018-08-19-18-18-23-928
先日は大人のレスナーさんの
初めてのコンクール、エリーゼ音楽祭の応援へ。

発表会以外の舞台で
皆さんの演奏を聴くのは初めてです。

私もドキドキしました。

緊張の中、それぞれに
持てる力を発揮され、
仲良く全国大会進出となりました。
おめでとうございます!

ベートーヴェン「悲愴」
演奏されたYさんは
見事オーディエンス賞1位を受賞。
とても素晴らしい心を打つ演奏を
披露してくださいました^^

何名かの講評用紙に
良い指導を受けられていると
書かれていて、
先生も嬉しいです。

このコンクールの素晴らしい所。

大人の方の、年を重ねたからこそ出せる
深い音色、音楽を愛する
純粋な気持ちのこもった
演奏を聴くことができる所。

そして演奏後、懇親会が開かれ
他の演奏者との交流
審査員の先生方との交流ができる所。

音楽を愛する人たちが
和気あいあいとした雰囲気で
交流を楽しめる場。

普段、きっと出会うことのない
人たちが出会い、色々な話に花を
咲かせていることでしょう。

これを励みに仲間達と切磋琢磨し
さらに向上する機会を与えてくれるような、
素敵なコンクールでした。

魔法の譜読み術!

2018年08月13日
<アメーバブログはこちら♪>

確実な譜読み
当たり前に出来た人にとっては、
なんでもないことのように感じますが

苦手な方は本当に多いのだと
レッスンする立場になって
気付かされました。

そのため、苦手な方が
魔法のようにスラスラと
読めるようになる方法を、何年も模索し

ようやく、どんな方でも
すぐに身につく読譜方法に
辿りつきました!

音域は真ん中のドから
2オクターブ下のド
2オクターブ上のド
それ以上と、広い音域まで。

それに♯、♭、細かいアーティキュレーション
ペダル操作
も同時に吸収してもらいます。

大人の方ならピアノを始めて
1ヶ月~2ヶ月

3才~の幼児さんは
半年~1年

小学生になると
3ヶ月~半年ほどです。
(もちろん個人差はあります)

牛田はとても悲しいことに
転勤される方が多く・・
せっかくの出会い、
せっかくのピアノレッスンの期間を
読譜に終えるようではいけない!

スタートして1年で
ブルクミュラーレベルまで

(表現・表情もつけて)

と心に決めたのが、きっかけです。

そうすると途中で止むを得ず
中断したとしても、好きな曲を
自力で弾くことができますし、
弾く喜びを味わうこともできます。

良い基礎(美しい弾き方、正しい譜面の読み方)
がしっかりしていれば、どこへいっても
スムーズに継続することができます。

せっかくピアノを始めたのなら
素敵に弾ける喜び表現できる喜び
早く味わってほしいと思っています^^

2018年08月04日
<アメーバブログはこちら♪>

今日は朝から、嬉しい報告が!

今年の4月に、急な転勤のため
関東へお引越しされた生徒さんからでした。

ピティナC級本選で第1位
頂いたとの知らせでした^^

3年前に、初めてA1級に挑戦し
全国で銅賞を頂いたあと

ピティナで金賞を取るまで
がんばりたい!

というのが彼の考えでした。

昨年は決勝ラインと同点で
皆で涙しました。。

その後すぐ、スケール等の他に
チェルニー40番を基礎にし、
過去の課題曲(特に古典)のおさらいに
取り組んだり

課題曲が発表されたら
その日から、全曲の練習に取り組んだりと

彼はピティナだけに照準を
合わせて、取り組んでいました。

今年は私の教室からは
ピティナは出場させていませんが

彼には今年こそ金賞を獲得して、
2年越しの夢を叶えてほしいと
思います。

そしてお医者さんになりたい!
という夢も叶えてほしいと思っています^^

応援しています!!

笑顔

2018年07月22日
<アメーバブログはこちら♪>

7月のコンクールも全て終わりました。
参加された方、全員が入賞されました。
おめでとうございます。

初参加、2年生の男の子は銀賞を頂き
とても嬉しそう^^

20180722_113946_HDR


彼は初めてのチャレンジにあたり
弾き方を良くする!を目標にがんばり、
最高点を頂きました。

最初は練習を習慣にする所からスタートし・・
大事なポイントをおさえて
練習のやり方、時間を決めて取り組みました。

他の部でも最高点を頂いた生徒さんも!

弾き方が変わると音が変わり
音楽もよくなります。

弾き方が悪いままでがんばっても、
ある程度のところまではいっても
その先はありません・・

レッスンは

①自力で楽譜を読むこと
(細かいアーティキュレーション含めて)
②正しい弾き方
③基礎テクニックの練習

にほとんどの時間を割きます。

綺麗な弾き方が出来ていなかったら
それ以上の難曲には行きません。

基本的なことが出来てきたら、
表現と弾きこみ。

今回は弾きこみが足りない
生徒さんが多かったので、大いに反省しました。

みんな、今の3倍は弾きこんでほしいところ・・
まだまだ甘い。

コンクールに足を運ぶと
素晴らしい演奏をされる方の
練習量の多さや、熱い想いに
感動し、刺激を受けます。

練習量は、ほとんどの子達が
30分~40分ほどなので
もう少し増やしてくれたら・・・

増やしてもらえるよう
がんばりたいと思います。。

(私が小学生の頃は毎日最低2時間、
コンクール前は4~5時間は弾きこんでいました・・)

次は8月のコンクール組の応援です。
こちらも、ほぼ初参加の方が控えていますので
楽しみです^^