本日 29 人 - 昨日 136 人 - 累計 201889 人
  • 記事検索

RSS

346 356


演奏を聴いていて

なんだかつまらないなぁ

と感じる時


何を考えて弾いてる?

と聴くと、たいてい

何も考えていないです絵文字


年長さんの女の子に

絵を描くのが宿題!


と伝えると

絵を描くだけでいいの?

と目をキラキラさせて絵文字

とても嬉しそうでした絵文字


私は子供達がお絵描きした楽譜が

大好きです絵文字


何も表現したいものがないのに

音を出したりできませんよね絵文字


何も表現したいものが無い時

私ならどんな音を出したらいいのか

わからなくて、一音も出せないと思います絵文字


先日行われたコンクールでは

有難いことに

参加者全員が最優秀賞、金賞、

最高点等を頂いて絵文字


ピティナコンぺの方も小、中、高校生と

それぞれ1名ずつ参加し

全員が本選へ進めることに絵文字


でも本当は、結果は関係ないです。

音楽は競争では無いので。


ただ、誠実に良い音楽を目指すだけ絵文字

だから、それぞれに合った

コンクール選びも大切。


それぞれに目標を持っているので

自分の納得する演奏ができるよう

練習に励んでほしいです絵文字



#広島市ピアノ教室

#広島市ピアノレッスン

#広島市ピアノ

#広島市コーチング


22-


なんでもそうかもしれませんが、

言われた通りに練習するだけでは

上手になりません絵文字


練習の基本的なやり方はレッスンの

初期段階で伝えますが

(これはティーチング)


その後は自分で考えることが大切です。


レッスンでも

どうだった?

と聞き、気になる所があれば

どんな練習をする?


と問いかける。

これはコーチングです。


もしそれでやってみてうまくいかなければ、

また違うやり方を考えて

試してみれば良いのです。


子供達の練習のお供は

メトロノーム絵文字


全員、教室と同じメトロノームを

持っていて、一人で操作できるように

しているので、一人で練習できます絵文字


それぞれに、自分にピッタリの

練習方法を見つけてほしいです♪



#広島市ピアノ教室

#広島市ピアノレッスン

#広島市ピアノ

#ピアノコーチング


楽しい音楽

2021年07月03日

2e


こちらは伴奏付けのレッスン。

メロディーに合う伴奏を自分で考えています絵文字


彼は色々な和音を試しながら、

これはしっくりくるね

これは変な感じ


とブツブツ言いながら

和音を探していました。


自分で探す」ことがとっても大切で

最初から答えを与えてしまったら

自ら考えたり、想像する力、

果てには気力すら無くなってしまいます


時には、はっとする素敵な響きを

探してくれることも絵文字


更に和音の転回形のお話をすると

目を輝かせて、


「ブルクミュラーのこの曲のここは

転回形ですよね!」

「転回形を使うと個性的な感じがします」


と素敵な気付きがあったようです絵文字


21

例えばブルクミュラーの「さようなら」

の冒頭の左の重音。


これにもう1つ音が重なって

なにかの和音になっていたとしたら、、


なんだかつまらないね絵文字


音が足りないから、

何とも言えない心の悲しみや不安を

想像させる響きになるんだね


と和音を鳴らしながらお話をしました。


音楽の本来の楽しみ方を

彼はよく知っています絵文字


目の前の音楽を全身で感じて

ピアノともっと仲良しになって

心から楽しむことが大切です絵文字



#広島市ピアノ教室

#広島ピアノ

#広島ピアノレッスン



1235

理想の音はどんな音ですか?

もしあなたが指揮者なら、
どの楽器を使いますか?

今弾いている曲をどんな音で弾きたいか
想像するとき、

楽器の音色を思い浮かべてみましょう絵文字

先日入会された2才10か月の生徒さん。
お家ではピアノやオーケストラ等の音に
既に反応を示しているようで、

特に辻井信行さんのピアノが大好きだとか!
(私も大好きです)

日頃から色々な楽器の演奏を聴いたり
観たりしておくと、音色の幅が広がります^^
(TVなら、らららクラシックなどお薦めです)

#広島市ピアノレッスン
#広島市ピアノ教室
#広島市東区ピアノ

曲の背景

2021年05月24日
123

曲の背景を知って、
どのように活かしたら良いでしょうか?

という質問を生徒さんから頂きました。


曲について調べる時、
まず作曲家について調べますよね。
どのくらいの年代に活躍した人なのか
いつ頃書かれた曲なのか。
どのような親交を持っていたのか。

そして次に、他にどのような作品を書いているのか。
これは音源も聴くとより良いです。

その多くがピアノ作品だけではなく
オーケストラや他の楽器、歌の作品も
多く作曲しています。

これらの調べたことは
直接的に活かす
というよりは

知らなかったことを知る
文化や歴史を知ることで

当時の雰囲気や音のイメージ
心情に想いを馳せることで何かしら

弾く人の心にも変化を起こす
という感じでしょうか。

意識の中に何もないのと
何かしら情報があるのでは
明らかに音色が変わります絵文字

最近はインターネットのお陰で
本当にたくさんの情報を知ることが
できるようになりましたよね。

音って不思議です。

音を磨くことは自分を磨くことだと
いつも思っています。

癖や苦手な部分と向き合わなくては
いけないのですから、楽ではありません絵文字

でも、できるようになると
とっても嬉しいですよね絵文字

レッスンを通して色々なことを学んだり
興味を持ったり、知らない世界のことも
どんどん知って

イメージを膨らませることを楽しんで
練習してくれると良いなと思っています絵文字


#広島市ピアノ教室
#広島市ピアノレッスン
#広島市ピアノ

次のページ