本日 15 人 - 昨日 114 人 - 累計 44575 人 サイトマップ
画像

40分の中で、ピアノレッスン、聴きとり、歌、ドリル、確認作業を行います。確認作業とは、今日習ったことと、気をつけなきゃいけないこと、宿題を、なるべく自分の手でノートに書いてもらいます。
そのためレッスンノートというものを使っています^^
そのコツコツ作業が、次のレッスンへと繋がっていきます。

画像

先日小学3年生の生徒さんが挑戦するピティナコンペの応援に行ってきました。無事通過することができ、先生も大喜びです(*^^*)
ピティナコンペは予選通過すら難しい、とてもレベルの高いコンクールです。 初めての参加なのに、よくがんばりました。こちらの生徒さんは、50分コースでみっちりとレッスンをがんばっています。これからも気負わず、コンクールさえも楽しんで、音楽と向き合ってほしいと思います^^
コンクールのための練習じゃなく、芸術のための練習になるようこれからも指導がんばります!
| 12:25 | 未分類 | コメント(0)

画像

9月に、大好きなガーシュウィンの作品を演奏する機会があるのでDVDを購入しました。ガーシュウィンが多くの恐れを感じながらラプソディインブルーを初演するシーンがあるのですが観客が幸せを感じてうっとりとする画があります。私も画面越しに、とても幸せな気持ちになりました^^

そんな作品をピアノで奏でることができるのがすごく幸せで、もう一度初心を思い出させてもらえた気がしました。少しでもガーシュインの精神に近づけるようたくさん感じて、たくさん勉強しなくっちゃ。
私が教室を始めた根底にあるのは「演奏する人、そして聴いてくださる方が幸せになる音楽を奏でること」!
みんな少しずつですが、綺麗な音を出せるようになってきました。
たくさん進んでいる生徒さんは、より作曲家の心に近づけるように、日々がんばってますよ。