本日 29 人 - 昨日 174 人 - 累計 190364 人
  • 記事検索

RSS
画像

試験のために勉強中の
Claude Debussyの亜麻色の髪の乙女。

Leconte de Lisleの詩より
インスピレーションを得て
作られた、同名の作品です。

1つ1つの言葉が美しく
詩の作りも美しい。

言葉から情景、手触り、空気
気持ち、色々なものが
湧き上がってきます。

まるでその場にいるかのように
生き生きと。
それでいて、形式の美しさがあり
すっきりしている。

きっと、読んだ瞬間に
曲が出来上がったのではないかと
思うほど。

これを見ていると
フランス語ってなんて美しいのだろう!
と感動します。

絵画も好きだったDebussy は
おそらくRenoirのこちらの
有名な作品も見ていると思います。

画像

ドキドキするくらい美しいですね。

L'amour,au clair soleil dete.
Avec l'alouette a chante.

愛する人は、夏の太陽の輝きと
ヒバリの歌声を持っている


とても爽やかな、それでいて
情熱的な作品です。

画像

#広島市ピアノ教室 #ピアノ #東区牛田

Le dimanche

2019年10月21日
画像

夢で英語を話していて、びっくり絵文字
フランス語を勉強中なので、
フランス語の夢がよかったですが・・絵文字

さて、日曜日は時折
男性の方のレッスンがあります。

ピアノ歴、約3年のIさん。
今年の発表会では
ゴルトベルク変奏曲のアリアを
演奏予定です。

Iさんは、ピアノは全くの初心者でしたが
これまでに

G線上のアリア、ジムノペティ
更には月光ソナタ等、
クラシックの他にも

ポピュラー音楽など
少しずつレパートリーを
広げられていて、

発表会でも
演奏を楽しみにしている生徒さんが
たくさんいます絵文字

ゴルトベルクのアリアは
(バロック期のものは特にそうですが)
装飾がとても多いです。

奏法譜という楽譜をお使いですが
どのように弾けば良いか
わかりやすい反面、

骨格となる音がわかりにくくなる
面があります。

この日のレッスンでは
本来の旋律を明らかにし
Iさんにとって無理なく弾ける
美しい装飾を考えるレッスンと
なりました。

素敵な演奏に仕上がるのが
楽しみです絵文字

レッスンが終わると
小学2年生の生徒さんから
嬉しいお知らせが!

画像

コンクール本選で金賞、
及び最高点を頂いたそうです!
おめでとうございます。

彼女は、年長さんの終わり頃から
ピアノを始めましたが

今ピアノに燃えていて、
どんどん譜読みをして
色々な曲にチャレンジしています。

発表会ではブルクミュラーの
タランテラを選曲しています。

難しい曲ですが、
燃えている彼女ならきっと
できると思います。

基礎もしっかり固めながら
応援したいと思います絵文字

#広島市ピアノ教室 #ピアノコンクール #広島ピアノ

大型台風ハギビスによる甚大な被害が
次第に明らかになってきました。

心が痛みます。
被害を受けられた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

年々、日本中が大きな災害に
見舞われるようになり

他人事ではなく、
いつ自分が直面してもおかしくない
この状況に、不安を覚えながらも

こうして音楽に没頭し
学び、伝え、奏でることのできる時間を
持てていることに

改めて感謝の気持ちが生まれます。

連休中は生徒さん達のコンクールが
ありましたが、

良い天候のもと、それぞれに
今の力をしっかりと
出し切れたようです。

ありがたいことです。

参加した生徒さん全員が
優秀賞を頂き、次のステップに
進みます。おめでとうございます絵文字

画像

今与えられている時間を大切に
更にレベルアップしてほしいです。


#広島ピアノ #ピアノ教室 #ピアノコンクール

楽しいレッスン

2019年10月12日
今日の広島は、台風の進路は
免れましたが、すごい風です。

警報は出ていませんでしたので、
数名のレッスンを行いましたが
ごぅごぅと風が吹く度
不安でした。

関東方面の皆様に
大きな被害が及ばないことを
祈るばかりです。

今日は教室はお休みの日ですが
ちょこっとだけレッスン。

1人目は教室に来て間もないSちゃん。
ゆっくりだけど、コツコツ努力して
力を付けていくタイプで
今日発表会の曲が決まりました!絵文字
恥ずかしがり屋さんだけれど
曲が決まった時、嬉しそうな表情で絵文字
私も嬉しいです。

2人目は小学2年生男の子!
(心の中で、博士と呼んでいます)

発表会の曲はちょっと難しいので、
その曲がメインですが、
今までやったブルクミュラー5曲も
レパートリーとして常に弾いて
もらっています。
意外とミニチュアフーガも好きで、
こちらも
なかなか良い音で上手に弾きますね絵文字

2台ピアノがあるのですが
ブルクミュラーの時、彼は毎回
軽いタッチのピアノを選びます。
響きや曲想からすると、
あながち間違った判断ではないと
感心しています絵文字
ブルクミュラーの想定していた
ピアノに近いかも?


3人目は小学3年生Aちゃん。
発表会は貴婦人の乗馬です。
今日は場面ごとにイメージを
膨らませて、絵を書いてくるのが
宿題!楽しい時間ですね。

もともと想像力豊かで、
感性も豊かなのですが、
タッチが思うようにいかず、
拍の感じ方、良い音の出し方、
上手な歌い方に苦戦中絵文字

なので、簡単な初見例題集を
毎回たくさん見てもらい、
重さを置く拍、ゆるめる拍を
頭できちんと考えながら
耳でよく聴きながらの
課題を与えています。

これが自然にできるようになると
Aちゃんが思い描く
cantabileな素敵な演奏が
できるようになります!
がんばれAちゃん絵文字

といように
生徒さん、それぞれ全く違いますので
書き出したらキリがないくらい
色々なストーリーがあります。

レッスン後は
イギリス土産の紅茶(おいしい!)
に、こちらも生徒さんに頂いた
ティーカップでホッと
一息つきながら

発表会のプログラム構成を
考えて、ワクワクしています絵文字


#広島市ピアノ教室 #ピアノ発表会 #東区牛田


20191012_145204_468

メッセージ

2019年10月11日
hi


グレード試験の6級を受験する為、
ベートーヴェンのソナタ第1番を
練習中のMちゃん。

大まかな流れと、音符が読めてきたので
一歩進んだ内容に。

上級の作品になってくると
作曲家たちが楽譜に
「いつ書いたよ、誰に献呈したよ。」

と、自ら書いています。

それを元に、このソナタが書かれた
背景を調べ、当時、彼が
伝えようとしたメッセージに
想いを馳せてみました。

彼が25歳の頃のお話です。
この曲はハイドンに献呈されています。

ハイドンは当時、40歳ほど年上でしたが
ベートーヴェンは、少しの期間
ハイドンの弟子になります。

(ハイドンはイギリスへ行ったりと
多忙でしたので、ほとんど接点が
なかったのではと言われていますが)

それで、この作品を読み解いてみると・・

なんとも反抗的な感じです・・絵文字

強拍、弱拍は反対にして
わざわざ強調するし、
不協和音を乱発するし・・

かと思いきや
ハイドン的な語法で
優等生の面も見せつつ・・

結果的には、自分を通す強さを
持った作品。

ベートーヴェンの中では
ハイドンの時代はもう、
既に古いものだったのですね。

まるで
「もう古いんだよ!」と
叫んでいるようです・・

生徒さんが、「この音型、悲愴でも
出てくる」と言っていて、

悲愴はこのソナタの数年後ですね。
悲愴では初期のベートーヴェンの語法が
確立されています。

その序章が、1番のソナタなのかも
知れません。

それにしても、
この作品を受け取ったハイドンは
どんな気持ちだったでしょう絵文字

失礼な!
と感じたのか、
新しい時代の息吹を感じたのか・・

25歳の何も恐れない青年が
己の道を力強く突き進む
若い息吹を感じます。
ロマン派への先駆けですね。

そんなことをお話しながら
驚きながら!弾いてみると、
Mちゃん、とっても良い演奏に変わりました絵文字

あくまでも
この日お話したのは、「今」の私の解釈。
史実に基づいていれば、
色々な解釈があっても良いと思います。

いずれ自分でメッセージを読み解いて
自分の解釈を持てる生徒さんが
増えると良いなと思っています絵文字

グレード受験まであと少し!
がんばりましょう絵文字

#広島ピアノ教室 #ピアノグレード試験 #ピアノ

芸術

2019年10月09日
DSC_0329~2


芸術の秋ですね!

先日、急遽恩師から連絡を頂き
牛田智大さんのコンサートへ
出掛けました。

ショパンのバラ1と前奏曲が
とりわけ素晴らしく、
若さの中にも、深い洞察が散りばめられ
ウットリとしました。

その後は、公開が始まったばかりの
「蜜蜂と遠雷」を鑑賞。

風間塵の音が素晴らしく
圧倒的で・・

誰が弾いているのだろう?と
早速調べたらナント

藤田真央さんでした!
視界がパッと開けるような
目が覚めるような
不思議な音色。


実はまだ本を読んでいないのですが・・
順番が逆な気もしますが絵文字
早速読みたいと思います。

今月はフランス語の勉強で
古い文献を読む会に参加したり
お花に触れたり

来月は生徒さん達と
ディナーコンサートにも出かける予定で

しっかり芸術の秋!
を堪能したいと思います絵文字

#広島ピアノ教室 #ピアノコンサート #東区牛田

2019年10月04日
画像

まだまだお昼は暑い日が多いですが
少しずつ秋らしくなってきました。

教室の玄関では、
素敵なスワッグがお出迎え絵文字

こちら、お花の先生に教えて頂きながら
作りました絵文字

お部屋に入る度に
ホッとした気持ちになります。

さて、10月から消費税が
増税しましたね。

教室の生徒さん方には以前より
お伝えしていましたが、
10月より月謝が2%変わりましたことを
お伝えします。

教室で準備します楽譜やCD、
備品等の金額も変わる為、
ご了承ください。

発表会の会場にも問い合わせた所、
改定料金に変更とのことで
急いで経費計算をし直しています絵文字

今月来月はコンクールが続きますので
ホールでの弾き合い会があったり

私も試験があったりと
バタバタとしますが

ひとつずつ丁寧に
準備していきたいと思います絵文字

#広島市ピアノ教室 #ピアノコンクール