本日 149 人 - 昨日 154 人 - 累計 208618 人
  • 記事検索

RSS

Noctuelles

2021年05月11日
私は最近、フランス作品が好きで
色々と弾いたり、フランス語を
学んだりしているのですが

今日はRavelの鏡より「Noctuelles
のお話です絵文字

フランス人の友人に聞いたところ
「Noctuelles」という言葉は
実際には聞いたことがなく

かなり古い言葉とのこと。
蝶を表す(特に夜の)とのことでした。

夜の蝶というと、蛾を思い浮かべますが
確かに、こちらの作品の日本語訳は
「蛾」とされています。

こんなに美しい曲が蛾?!
と思っていたのですが、

フランスでは蝶と蛾はさほど
区別されておらず

むしろ蛾は蝶に負けないくらい
美しいもののようです。

こんな美しい蛾もいます。
9087
(※昆虫が苦手な方はごめんなさい)

この作品が当時の夜の女性達を
描いているというのも納得です。

そして19世紀末特有の退廃の美しさ、
デカダンス(decadence)の香りも感じます。

生徒さん達も、練習している曲が
ある程度弾けてきたら
色々と調べたり、イメージを膨らませたりして
更に音色に磨きをかけて頂きたいです^^



#Ravel Miroirs
#広島市ピアノ
#広島市ピアノ教室

備忘録

2020年01月10日
120 145

12月末、はるばる神奈川県を訪れ
学んだ内容について
忘れないように、メモ・整理しておきます絵文字

特にお会いしたかった先生は
江口文子先生。

国際的に活躍するピアニストや
コンクール優勝者を
たくさん輩出されている先生。

先生の指導は特に、次元が違うと
感じました。

おおらかな中にも、
演奏者の本質を見抜く
鋭い感性にドキっとしました。

良いところはたくさん伝えて、
改めるべき点はしっかりと目を見て
語りかけるように伝える。

とても真剣な語りかけで、
不思議と子供達の心の奥深くに
染み渡っていく様子がわかりました絵文字

不思議なのが、改めるべき点は
主に技術的なことではなく

ピアノや作品に向かう姿勢や
心であったり
ちょっとした仕草であること。

(話の仕方や会話、返事の仕方、
椅子の座り方、弾く前の姿勢、
空気の読み方など・・!!)

例えば男の子が、レッスン中に
むやみにピアノを触って
関係ない音を出してしまったり
しているときは

とても厳しく窘められていました。

何故かというと、
集中力に大いに関係するから。

その男の子は、とても上手なのに
急に止まってしまったり
しやすいのです。

その男の子は
ちょっとした態度に気を付けるだけで
演奏がガラっと変わり、
その場にいた誰もが驚きました。

具体的なレッスンはしていなくて、
お話をしただけなのに、です絵文字
まるで魔法のようです絵文字

一体何が変わったのか?

先生によると、
ピアノに向き合う「精神力」が変わった。
のだそう。

その他にもプロを目指す子供達の
素晴らしいレッスンが行われましたが、
とても6時間分を
書き記すことはできません絵文字

演奏者が、音楽や作品を心から愛し、
自ら人間力・精神力を磨く。

そして生き生きとした演奏に繋げる、
愛情あふれるレッスンでした。

これは、演奏のプロを目指す方だけではなく、
本質的な事ではないかと感じます。

どこか恩師、神谷郁代先生を
思い起こさせる雰囲気のレッスン絵文字

私の心にも深く深く、染み込んでいきました。
お会いできてよかった!

次回は他の先生方のレポートも
書きたいと思います絵文字


#広島ピアノ教室 #広島市ピアノレッスン
#江口文子先生 #ピアニスト

勉強・リハーサル

2019年12月23日
20191223112905_IMG_1316

昨日は、楽しみにしていた
青柳いづみこ先生による
ドビュッシーピアノ曲の
公開レッスンへ出掛けました。

中学生から高校生の演奏で
どの曲も難曲ばかり。

どの方も素晴らしく上手でしたが、
先生の導きで
更に高みを目指した演奏へ絵文字

響きの作り方、脱力の仕方、
タッチの弾き分けやペダリングによる
音色の変化。

次から次へと
素晴らしい指導が
繰り広げられ
演奏が変わっていきました絵文字

腕で送る奏法も、ショパンエチュードと
同じ。(実はショパンとドビュッシーは
深いつながりがある!)

先生は、鍵盤を「押す
ということは音が死ぬこと

と何度も仰っていたのが印象的でした。
押すのではなく、響かせる。

重さを乗せることは
あっても、「押す」ことって
ピアノではないと思います。

「押す」と、タッチが重く、硬く
なんだかベタベタとした音になります。
(ちょうど電子ピアノの音を
押して鳴らすイメージ絵文字

講座の後は、大人の方の
ホールリハーサルへ絵文字

20191222173459_IMG_1308~2

(こんなに大きなホールが
期間限定でお安く借りることが
できるのです!)

コンクールに出られる方は、
全体を見渡して、
ここは欲しい!響かせたい!
と思うポイントをしぼって構成を整えました。

大人の方は
子供たちよりも体が硬いからか
なかなか思うように
音量をコントロールできない様子。

腕も体も長いので、
楽に弾ければ、音はしっかりと
鳴るはずです。

柔軟でありながら、
指の独立ができると
もっと欲しい音が出せるようになるので
大人の方用の基礎練習メニューを
考えたいと思いました絵文字

帰宅後は、珍しく倒れ込んで
バタンキュー絵文字

ご飯も食べずに
朝までうずくまってました絵文字

今年のレッスンも、あと少しなので
がんばります!

クリスマスの買い出しもしなきゃ絵文字




♯広島市ピアノ教室 ♯広島ピアノレッスン
♯大人のピアノレッスン
♯青柳いづみこ先生 ♯ドビュッシー

試験結果

2019年11月30日
20191115231341_IMG_0893

先日、11月に受けた
2回目の試験結果が
合格証書と共に返ってきました!

今回も、嬉しいことに最高点を
頂きましたが、上級者へのレッスンを
もっと勉強したいと感じました。

子供の演奏ではなく、大人の演奏へ
変化させる工夫等、引き出しを
増やしていきたいです。

演奏では、たくさんの嬉しい言葉を
頂いて、本当に嬉しく思いました絵文字

音の香り、澄んだ音色
ほっとする響き
構成、プログラミング、
曲に向き合う姿勢、センス等々・・

普段、自分では自分自身に
ダメ出しばかりしていますが、

こうして良い点を
客観的に教えて頂けると
「伝わっている」という自信と共に
嬉しくホッとした気持ちになります。

特に、「音に香りがある」というのは
いつも表現しようとしていることなので
とても嬉しかったです。

今回、合格者が半分もいなくて
(受ければ合格すると思っていた・・)
その厳しさに驚きました。

もちろん、地域差はあると思いますが・・

今年から試験を受け始めて
あと1回で修了予定(合格すれば・・絵文字
なので、気を引き締めて
準備をしたいと思います絵文字

#広島ピアノ教室 #広島市 #東区牛田

京都

2019年11月10日
IMG_20191106_220011_489

昨日は、試験の為
懐かしい京都へ行っていました。

電車を降りた瞬間、
すごく気持ち良い空気と
なんだか懐かしい想いになり

場所を詳しく調べてみると、
私の好きなエリアだった北山のあたり!
(よりもうちょっと北ですが)

比叡山も近いです。
紅葉も始まっていて
ゆっくり観光したかったなと
後ろ髪を引かれつつ・・

初めてでしたが
素敵な場所で
とても楽しい試験となりました絵文字

試験ってきっと、
わざわざ受けなくても良いですよね。

準備も結構大変です絵文字
自分の演奏曲もですが
指導の課題曲もかなり多いです。

日々レッスンしながら
練習しながら勉強しながら?
凝り性なので、連日深夜まで勉強勉強・・

だけど、受けることで
生徒さんの緊張や不安、
わからないことも、もっと深く
理解できるようになりますし

もっとわかりやすい伝え方を
考え、引き出しを増やすこともできます。

何より、生徒さんにもっと
寄り添うことができるようになると
思うんです。

今回レッスンを受けてくださった
生徒さんにも感謝絵文字

わざわざ御礼を伝えに来てくれた
生徒さんも絵文字

色々な面で負担はかかるけれど
やっぱり試験は勉強になるし
楽しいです絵文字

そんな試験も、あと1回で終わり。
次は春かな?

更に恩師には、コンサートどんどん
やればいいのに・・

と、いつもいつも・・
仰って頂きますが絵文字

私の心臓と手、
いくつあっても足りません絵文字


休む間もなく
今日はホール練習と
大人の方のレッスンです。
がんばります絵文字


#広島ピアノ教室 #ピアノ

20191027_130026_681

試験のために勉強中の
Claude Debussyの亜麻色の髪の乙女。

Leconte de Lisleの詩より
インスピレーションを得て
作られた、同名の作品です。

1つ1つの言葉が美しく
詩の作りも美しい。

言葉から情景、手触り、空気
気持ち、色々なものが
湧き上がってきます。

まるでその場にいるかのように
生き生きと。
それでいて、形式の美しさがあり
すっきりしている。

きっと、読んだ瞬間に
曲が出来上がったのではないかと
思うほど。

これを見ていると
フランス語ってなんて美しいのだろう!
と感動します。

絵画も好きだったDebussy は
おそらくRenoirのこちらの
有名な作品も見ていると思います。

Screenshot_20191027-125722~2 (1)

ドキドキするくらい美しいですね。

L'amour,au clair soleil dete.
Avec l'alouette a chante.

愛する人は、夏の太陽の輝きと
ヒバリの歌声を持っている


とても爽やかな、それでいて
情熱的な作品です。

20191027_130237_775 (1)

#広島市ピアノ教室 #ピアノ #東区牛田

芸術

2019年10月09日
DSC_0329~2


芸術の秋ですね!

先日、急遽恩師から連絡を頂き
牛田智大さんのコンサートへ
出掛けました。

ショパンのバラ1と前奏曲が
とりわけ素晴らしく、
若さの中にも、深い洞察が散りばめられ
ウットリとしました。

その後は、公開が始まったばかりの
「蜜蜂と遠雷」を鑑賞。

風間塵の音が素晴らしく
圧倒的で・・

誰が弾いているのだろう?と
早速調べたらナント

藤田真央さんでした!
視界がパッと開けるような
目が覚めるような
不思議な音色。


実はまだ本を読んでいないのですが・・
順番が逆な気もしますが絵文字
早速読みたいと思います。

今月はフランス語の勉強で
古い文献を読む会に参加したり
お花に触れたり

来月は生徒さん達と
ディナーコンサートにも出かける予定で

しっかり芸術の秋!
を堪能したいと思います絵文字

#広島ピアノ教室 #ピアノコンサート #東区牛田

音感受

2019年05月24日
DSC_0046 (1)

今、とある資料を書くために
色々な情報に目を通していますが

導入期の資料として

子どもの音感受の世界
~心の耳を育む音感受教育による
保育内容「表現」の探求~


という本に惹かれ、早速
購入してみました。

一見すると保育園向けの
本ではあるけれど

幼い時期の音楽教育に
携わる者として
大切なことが網羅してあり

子供たちの充実した健やかな成長と
ピアノ演奏に繋がり得る
素敵な内容でした。

大切なのは愛情ある「歌」と、
「環境」と楽しい「音」との出会い、

音楽が騒音にならない為の
こちら側の工夫。

「ピアノ教室」という狭い空間では
できることに限界があるとは
思いますが、少しでもこのエッセンスを
取り入れて健やかな音楽教育に
繋げていければと思います絵文字


ここのところ、ポッと空き枠ができると
パッと、どこからともなく連絡が入り
ジャストの時間で枠がうまったり

そんなことが多く、
縁の不思議を感じています。

来週は仕事も兼ねて
京都へ出掛けます。
京都も何かと縁のある場所。

小旅行気分で楽しんできます絵文字

#広島市ピアノ教室
#ピアノレッスン #教育
#広島ピアノ

フランス音楽

2019年05月13日
昨日は急遽、
浦壁信二先生のフランスピアノ作品講座へ
足を運びました。

「フランス音楽をもっと深く知りたい」
と思っていた矢先の講座でしたので
すごくタイムリーでした絵文字

意外とフランスに特化したお話というのは
少なくて(京都フランスアカデミーくらい?)
貴重な機会でした。

フランス音楽は、
他とは一線を画しているという印象が
あります。

お話を聞くと
なるほど、フランス人としてのアイデンティティや
こだわり・誇りが
作品すべてに共通して表れていました。

フランスの古典(時代はバロック)とされる
クープラン、ラモーから始まり
フランス革命という大きな出来事を迎えた
後の時代へ・・

サンサーンス、シャブリエ、フランク、ショパン
フォーレ、ラヴェル、ドビュッシー
そしてメシアン、ブーレーズの現代音楽までと
濃厚なプログラムで大満足!

長時間に及びましたが
素晴らしい演奏と共に語られるお話は
時が経つのを忘れてしまうほど。

特に20世紀~21世紀への橋渡しとなる
ブーレーズは、難解で、ぎょ?!
と感じますが

これが不思議とずっと聴いていると
(曲がすごく長い)
感じるものがあります。

20世紀、21世紀の世界の喧騒
現代の宇宙の響き、リズム

そんなものを感じました。
曲の長さがないと、それを感じられないと思うので
きっとその長さがベストだったのだろうと
個人的な想いを馳せてみたり。

では22世紀に向かっては
宇宙は一体どのような響きになるのか?
と、現代作曲家に興味が湧いたり。

次はロシアものに足を運びたい・・


#広島ピアノ教室 #広島市 
#勉強 #フランス音楽

試験結果

2019年05月11日
先日、県外へ出向き試験を受けていました。

試験は、会場で初めて出会う生徒さんに
限られた時間で指導を行い
それが評価されるというもの。
(小学12年~中高生まで)

結果は、受けた級すべてで最高点を頂いており
とても驚きました絵文字

指導の大先輩の先生方からの
温かいアドバイスや、かけて頂いた言葉は
客観的な判断となり
とても勉強になりましたし
自信にもなりました。

上級の生徒さんがお得意では?
というアドバイスもあり、

教室では今はまだ少ない上級の年代を
増やすべく、工夫していきたいと感じました!


#広島市ピアノ教室
#ピアノ広島
#試験 
#ピアノコンクール

時間を大切に

2019年01月26日
<アメーバブログはこちら♪>

tokei

年が明けて、教室では発表会に向けて
準備を進めています。

今回が5回目の発表会ととなりますが
第1回目から出演してくれている生徒たちが

もう小学校を卒業するような年齢に!

成長の速さに驚くと共に
なんだか切ないような・・
不思議な気持ちになります。

本当に時が経つのは速いです。

時間は平等に与えられているからこそ
一瞬も無駄にできない。

子供たちの成長を見ながら、
そんなことを強く思う毎日です。

与えられた時間を大切に。
ひとつひとつのレッスンを大切に。

昨日も一人、素敵なアップライトピアノが
お家に届いたと連絡がありました

電子ピアノと違い、ピアノの方から
美しい響きが発せられるので
変な力を入れる必要がなく、感動しています!

と、嬉しい報告でした。

ピアノの練習がより充実し、
余分な力が抜けて素敵な時間と
なっていくと思います。

私も、少しの時間があれば
大量の本や資料を読み、勉強を。

1つのテーマでも、掘り下げていけば
あらゆる角度から学ぶことができます。

時間を大切に・・
丁寧に使っていきたいと思います♪


#広島市ピアノ教室
#ピアノレッスン広島
#ピアノ発表会

先生も学びます

2018年09月27日
<アメーバブログはこちら♪>

20180920_110609

先生も、学びを続けます。

先日は西尾洋先生の
「和声法」の勉強会へ足を運びました。

和声法とは、音の響きの流れを学ぶこと。
作曲者の想いを汲み取るために
必要な学びです。

和声法って指導するのが難しい分野だけれど
知っている響きでないと
「わかった」という感覚は
得られないという言葉が心に残りました。

西尾先生によると、
理論の前に、耳の感覚や手の感覚
自然に身につけるのが一番とのこと。

スタートはなるべくシンプルなもので。

先生は幼い頃
コラール(ドイツ・プロテスタント教会の讃美歌)
をたくさん聴き、弾かれたそう。

コラール作品は、ほとんどが4声体
(女声2男声2)で書かれており

その響きはなんとも美しいものです。
 
レッスンの課題として、コラールも素敵だなあと
思いました。良い教材を活用して

より良い耳と感じる心を
育てていきたいなと思います^^



#広島ピアノ教室
#広島市ピアノ
#ピアノレッスン
#響き

GWの思い出

2018年05月05日
<アメーバブログはこちら♪>

20180505_143813~2
GWは3連休でしたので、
コンサートへ出掛けたり
県外から帰ってきた友人に会うことが
出来ました。

ピアノコンチェルトのコンサートは、
横山幸雄先生の圧巻の集中力と演奏で、
大いに盛り上がり、
素晴らしい時間となりました。

生徒さん達も、喜んでいる様子でした。
それぞれに得るものがあったと思います。

終演後の懇親会は、とても楽しく
恩師であり、この度のコンサートの
実行委員長である濱本先生との
初めての2ショット!
そして横山先生との3ショットで

ドキドキしましたが
心に残る、本当に幸せな思い出となりました。

concert

撮ってくださったNさん、ありがとうございます。
(掲載の許可を頂きました)

明日からまた、仕事モード!
忙しい日々が始まりますが
がんばりたいと思います。

GW中に何人かの子供達に出した宿題は・・

ressun

低学年では、取り組んでいる曲の
イメージや絵を自ら描いたり、
写真を貼ってみること。

高学年では、作曲者や作品について
より深く調べてみること。

私の知らなかったことも
たくさん調べてきますので
私も興味深く、毎回楽しみにしています^^

最近は、自ら作曲したい!という
生徒さんが増えてきたので

心の中にある思いを形にし、
表現する力を伸ばし、育ててあげたい

思っています。

私も幼い頃、作曲がとても好きでした。
表現する喜びや作品を大切にする心は

多くの天才達が残した名曲を
演奏する際の心構え
にも通ずるものが
あると思います(^-^)


#広島市ピアノ教室
#広島ピアノレッスン
#楽しいピアノ

<アメーバブログはこちら♪>

いよいよ明日から
新年度のレッスンが始まります。

新しいタイムスケジュール
そして新しいピアノ!

20180401_144605_HDR~2

Shigeru Kawai のピアノです!

以前から大ファンのピアノでしたが
教室に置いてみると

その豊かな音色、繊細な反応に
まるでコンサートホールで
弾いているかのような響きに
驚かされました。

美しい音色です。

あまりに素晴らしいので
グランドを考えられていた生徒さんも
購入されました^^

豊かな音色が身につき
演奏が益々楽しくなると良いな
と思います。

20180401_133922_HDR~2

さて、年度末はお休みでしたので
教室の大掃除をしたり

お花見に出掛けたり、
懐かしい京都へ足を運んだり。

そして

お休みの一番の思い出は
なんといっても、これです!

金子勝子先生のレッスン見学です^^

tokyo

あの、牛田智大さんや
素晴らしいピアニストを
たくさん育てて来られた先生です。


これはピティナの制度のひとつで
(今年は教室全体ではピティナコンペには
参加しないのですが・・)

憧れの先生のレッスンを
間近で見学することができます!

東京の素敵なご自宅での
レッスン風景を堪能でき
私達にもプチレッスンをしてくださり、
感激です。


なんと先生もシゲルカワイを
お持ちでした。

お揃い・・嬉しいです。

そして記念に、写真撮影と
金子スタンプを
押して帰りました。
お守りになりそう(*^_^*)

20180401_144637

春は出会いと別れの季節。

今年は2名の生徒さんがお引越し(;_;)
寂しくなりますね。

県外の大学へ進学した生徒さん、
ピアノが大好きで
お家にピアノを置いたのだとか^^

1522561656285

卒業のお祝いも込めて
プレゼントした時計を
早速飾ってくれたみたいです(*^_^*)

音楽と共に、豊かな大学生活に
なりますように。

またいつでも、遊びに来てね。


新年度は、新しい生徒さんを少し迎え、
レッスン枠は定員いっぱいとなりました。

入会できなかった方は、
本当に申し訳ありませんでした。。

これに懲りず、またHPを
チェックしてみてくださいね。


新年度も新たな気持ちで
生徒さんと共に、がんばっていきたいと思います!

#広島ピアノ教室
#広島市ピアノ
#新年度ピアノレッスン

全国4位?!

2017年06月10日
<アメーバブログはこちら>

1497087995320

出張先から戻ってくると、
ピティナの試験結果が送付されていました。


なんと198人中全国4位ということで・・
びっくりしました(゚o゚;;

特に直前は忙しくて
何も準備できずでしたが・・

1年の学びが少しでも活かされていたのかな?
嬉しかったです。


さて、今回の出張先では久しぶりに
英語を喋りました(^_^;)
また少し、視野が広がったように思います。

世界は広い!

私自身の感動体験をもっともっと増やして
たくさんアウトプットしていけたらと思います。

素敵なホテルの素敵なラウンジで、
美味しいワインを頂きました^^
幸せです。